的 を 射る。 「的を得る」は誤用? 「的を射る」の意味や使い方を解説(2ページ目)|「マイナビウーマン」

那須資光は与一とは別系統であるという説もある。

【デビ】はーい、気をつけまーす。

みなさんの中には即座にそれは間違いで、「名誉挽回」「名誉回復」あるいは「汚名返上」が正しいと答える方がいらっしゃるかと思います。

畠山重忠にとりなして頼朝の許しを得たが、領地がなかったので、与一の那須の領地を分かって与え、それぞれ地名をとって、 森田光隆、佐久山泰隆、芋淵幹隆、福原久隆、那須之隆、滝田実隆、沢村満隆、樫田義隆、飛騨朝隆、戸福為隆と名乗った。

与一は11男。

日頃の彼は寡黙だが、口を開いたときの発言はいつも正鵠を射ている。

彼女はいつも正鵠を射た発言をするので、社内で信頼されている。

86
「的を射る」と「的を得る」についての文化庁が発表した平成15年度に行われた国語に関する世論調査では、正しい使い方である「的を射る」を使う人が38. 何を思ったか義経は「射よ」と与一に命じた ただし、引き尺はアーチェリーからの逆輸入された言葉で昔からの文献には存在しない
ビジネスシーンにおいては、文書に使うよりも会議やプレゼンなどで使いやすい言葉です しかし、前述したように世間一般に流れるメディアや学術論文など、一般的に正式な場面と言われるシーンでは「的を射る」が正しいとされているのが現状です
例えば、会議での誰かの発言に同意するときや、質問や指摘が本質を捉えていることを述べるとき、提案や企画に意見を述べるときなどに「的を射る」を使います ここでは、「的を得る」「的を射る」の意味などを説明します
まとめ 「的を射る」は「要点を正確についている」という意味のある言葉です 「正鵠」とは中国で生まれた言葉で、もともとは「的の中心」という意味があります
日常生活においては使っても何も問題はありません このことから「順守」という表記が「遵守」と同じ意味として使われるようになりましたが、結局「遵」の字が削除されなかったため、同じ意味でも2種類の漢字表記が存在しているのです
13

英語では「頭の上の釘を打つ」 「的を射る」を英語で表現する時は「頭の上の釘を打つ」という意味の「hit the nail on the head」を使います。

このような、責任問題を問われるような場面では基本的に「遵守」の表記が望ましいとされます。

慣用句とは二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表す言葉のことを指しています。

「的を射る」の例文. 「遵守」が法律や規則を守るという意味であるのに対して、「堅守」は敵などから城や陣地などを守ることを意味しており、歴史的文書や文学作品などで使われることが多い言葉です。

「当を得る(とうをえる)」には注意 「的を得る」のよく似た言葉に、「当を得る」という言葉があります。

「得る」は主に「手に入れる」という意味合いで用いられるのですが、「的」は入手するようなものではなく「射る」ものであることから、「的を得る」は「当を得る」や「的を射る」の誤用とされてきた経緯があります。

的を射た発言は、周囲の表情を一気に変えた。

55