カン ハンナ。 カン・ハンナ

言い切らないことで私は、日本に自分の居場所を見つけることができたのではないかと思っています。 32

(2016年、)• 「純粋の時代」のインタビューの際にも 「これから私がもっと様々な姿を見せると思いますので、今のイメージに閉じ込められたくありません」 と、どんな役を演じようとも、それはただの演技に過ぎず一つのイメージにとらわれたくない旨の気持ちを明かしています。

修士課程を卒業した後も、そのまま博士後期課程へ進学する。

その美貌と演技で今後もきっと活躍されるカンハンナさん、今後も楽しみですね。

どちらかを選ばせようとする、ときに乱暴にも聞こえる質問を投げかける相手に、ハンナさんは真っすぐな目でためらいなく、「両国の人が大好き」と答える。

後半は、その後の1年間で書いた作品です。

2017年、「膨らんだ風船抱いて」で第63回角川短歌賞次席。

2017年からコスメブランド「アイムハンナ」を立ち上げ、CCクリーム とアイクリームフォーフェイス、2種類の化粧品をプロデュースしてきた。

30