進撃 の 巨人 ミカサ 死亡。 【進撃の巨人】138話のネタバレ【ミカサがエレンにキス|エレン・ジャン・コニー・ガビが死亡】|サブかる

鳥になったファルコは地上に着地し、背中のジャン達は、エレンは死んだのか?と話します。 。 ジャンとコニー死亡!? エレンを見たガビは叫びます。 無料期間は1ヶ月あり、登録後1,300ポイントもらえるので、 進撃の巨人 3冊分を無料で読むことができます。 ピークは、「そう」と答え、自分もお話したかったなぁと答えますが、父親を見つけたアニは、父親と抱き合います。 1話のとき、 エレンが泣いていた木を思わせる場所に、埋葬しました。 エレンとの記憶を思い出します。

と言った受けての捉え方が重要になってくるので断定することは全てにおいてできませんが、やはり鳥になったその後、エレンが自由になった可能性が高いと言えますね。

「あと4年の余生を静かに生きよう。

かっこよくて、強くて、ちょっと不器用で、家族と友達が大好きなミカサがすき。

いったんは承諾したヒストリアでしたが、エレンの「他の方法を探る」という言葉によって思いとどまったはずでした。

これこそが巨人化の源なのでしょうか? そして、それを倒せば巨人化することが無くなるということなのでしょうか。

グリシャ・イェーガー 死因:エレンに巨人の力を継承させるため捕食された エレンとジークの父親であり、マーレではエルディア復権派として活動していた男性。

ミカサは「もうこれ以上、耐えられない」「帰りたい、私達の家に、帰りたい」と考えていた。

まだ2人ともそれぞれが秘めている力に気付いていないときです。

53