スペイン 風邪 関東 大震災。 富国強兵で短期間に近代化したときに起きたスペイン風邪と関東地震(福和伸夫)

そして、9月末から10月上旬にかけて、スペイン風邪は日本に本格的に上陸した。
大戦では、潜水艦、飛行機、戦車、毒ガスなどの最新兵器が導入されました。 しかし1919年の秋以降、再び「後流行」が日本を襲う。 ウイルスはそうした経路を通じ、一般の人に拡散。 被害 [ ] 190万人が被災、10万5,000人あまりが死亡あるいは行方不明になったと推定されている(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めている)。 。 あの時、政府は極端にいえば、「手を洗え、うがいをせよ、人ごみに出るな」といった呼吸器病流行に際しての注意を喚起しただけだった。 実用化された蒸気船は1838年にアイルランドからニューヨークに航行したシリウス号、蒸気機関車はスティーブンソンが1829年に開発したロケット号で、これ以降、急速に普及します。
52 44
この震災により東京市・横浜市からやなど、のちに三大都市圏となる地域に移住する者も多くみられ、特に1925年に近隣の郡部を編入したは東京市を超え、世界第6位の人口を擁する都市に躍進した - の山階宮別邸が倒壊
世界全体の推定死者数は1700万人から1億人と幅がある 今次コロナ禍では緊急事態宣言が1都6府県に発令されたが、1918年に日本に上陸し、その終息まで丸2年を費やした100年前のパンデミック・スペイン風邪では、当時の日本の総人口約5600万人に対し45万人が死亡するという大惨事だったが、ついぞ国が主導して緊急事態宣言やそれに類する法律の発令をすることは無かった
さらに戦争中の10月22日に庄内地震、1895年1月18日に霞ヶ浦付近の地震が起きます それはなぜだろうか
9月22日、勅令で、臨時物資供給令公布 では、次に何が起きるかを考えてみたい
」と団長気取りの人が言う すなわち、他の大きな出来事に紛れて、事の重大さと人々の認識との間に大きなギャップが生じたのだ
スペイン風邪のように強毒化しないにせよ、ようやく接種が始まったワクチンが効かなくなる可能性がないとは言えない しかし、これで収まらなかった
前年の1922年(大正11年)からによって住宅地の分譲が始まり、同じ年にはによるの分譲が始まったが、いずれも被害が限定的だったことから震災後は人口が増加する 第一波は大正7 1918 年5月から7月で、高熱で寝込む者は何人かいたが、死者を出すには至らなかった
震源に近かったでは官公庁や、(現存しない)などが石造・煉瓦作りの洋館であったことから一瞬にして倒壊し、内部にいた者は逃げる間もなく圧死した 「前流行」では、死亡率は相対的に低かったが、多数の罹患者が出たので、死亡数は多かった
しかし、昨今のコロナウイルスを巡る米国と中国のやりとりを見るにつけ、スペイン風邪の教訓をこれだけにとどめてはならないと強く感じる 仮に、最初の4つに関連が無くっても、次の3つが類似すれば「確実だぁ~」もある、っていうかこれが良くある「詭弁」なんですけれどね
復興 [ ] 「相州小田原の震害地へ急行の工兵隊」と「小田原十字町の惨状」(関東大震災画報 第一輯〔しゅう〕大阪毎日新聞) 首相を総裁とした「帝都復興審議会」の創設により、大きな復興計画が動いた 特に時にともに戦ったアメリカの支援は圧倒的で 、さらに「なお希望品を遠慮なく申出られたし」との通知があった