闇 10 年間 殺 され 続け た 山下 さん。 闇 10年間殺され続けた山下さん。|merukeso|note

世界を又に(股に?)かけるエロ探検家 kindle unlimitedの会員だと最初の一冊が無料です
最終的には宇宙人との戦いなども「あっさり」起こったりするが、解決も「あっさり」だった 何度でも人生をやり直し、最終的には同時並行に存在する青年
苦悩の末にある決断をした「質屋」の女主人 「でこぴん」で脅迫、「でこぴん」で突入
何度も殺される瞬間を繰り返しているうちに 慣れた 犯人と山下さんの記憶をたどるうちに出会う人、出会う人「変人」ばかり 自分の能力を預けたり、売ったりできる「アビリティーポーン(質屋)」 街の住人を「管理」する不動産会社
そこに現れたのが、「10年間殺され続けた」山下さん 住人を管理する不動産会社の「坂田」さんとその苦悩
原作は短編集であって、まったく違う主人公、シチュエーションで話が展開していく
まるで、黄昏の中、自分がいまいる場所も分からなくなるような感覚 そして、「それらしくできなかった」者の結末
原作もかなり面白いのだが、それをコミカライズした上のマンガはかなりマイナーだが、本当に面白い 欠陥だらけの「アルティメット頭脳バトル」 「それらしく」するだけの会社
そして、それぞれが苦悩を抱いている 主人公は(多分)霊感の強い女の子で、彼女が殺人にあった格安の部屋に住み始めることから話が始まる
31
主人公の巨乳の友人も、事件に巻き込まれたり、巻き込まれなかったりしながら、精一杯に生きて、最後は就職難に面している 生前の記憶を失っている
個人的には「アビリティポーン」の女(?)店主が好き 山下さんを殺した犯人は本当にはずみのように見つかるのだが、その人物への「対処」のおかげで、物語は一応「ハッピーエンド」となる
60