更年期 障害 年齢。 更年期の期間とは何年くらい?何歳から何歳まで続くもの?

日本産婦人科医学会の調査によれば、閉経の平均年齢は50~51歳とされています また、ホルモン補充療法は、一生続けなくてはいけないというわけではなく、更年期の症状が治まってきたら量を減らしたり、生活習慣の改善のみで過ごせる可能性が出てきます
その上で生活習慣の改善や心理療法を試み、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います 閉経や更年期障害を早める要因については、をご参照下さい
健康は一人一人の基本的な人権です A:「だるい」「疲れやすい」ということは、普段の生活でよくあることですし、つい仕事のストレスや忙しさのせいにしがちです
について気にはなっていても、デリケートな話題なので普段なかなか話題にしにくいものです 1.身体症状 冷え、動悸、発汗、ほてり、頭痛、記憶・集中力の低下、全身の倦怠感、筋肉痛、肥満、めまい、耳鳴り、頻尿、関節痛など
女性の平均寿命が90歳に近づきつつあるわが国において、更年期は人生の折り返し地点です 初経の年齢が早いと閉経も早いという誤解をしている方も多いですが、初経の年齢,分娩回数,人種や地域の違いなどの影響は受けないと考えられています