ダイ ナックル。 ラッキーでダイナックル

踊り系• KCBカメラマン:菊地聡(36話)• ダイナにウルトラフォークを伝授し、シルドロン撃退に貢献した。

自分の氷が溶ける技• 物陰に隠れた敵の存在を瞬時に把握することが出来る。 怪獣コロシアムの大会で優勝し、商品として送られてきた新たなゲーム(マインドコントロール装置がついていると思われる)のせいで、自分の愛獣であるデマゴーグを現実世界で操り、ダイナと戦わせ、追い詰めることになる。 疑似生命体達の最後の生き残りとなった。 関連する力を持つ戦士 ウルトラマンゼロ ストロングタイプの力を宿したストロングコロナゼロ、ミラクルタイプの力を宿したルナミラクルゼロにタイプチェンジする。 ウルトラマンの八つ裂き光輪と同等の威力を持つ。 ニュースキャスター:高畑信之(18話)• ウルトラレッグホイップ 相手をつかんだまま、後方に倒れ込むと同時に、片足で腹を蹴り上げて巴投げを決める技。 第13話の監督・特技監督を担当したによれば、当初は気弱な少年という設定にする予定であったが、北浦は「最後に改心してしまうとどこか面白くないだろう」と思い、また「子供は子供らしく日々を生きる方がたくましくて良いのでは」と考え、最終的に嘘つきの少年という設定に変更した。
3
青年:戸部弘次(17話)• 以降チウからは「ヒムちゃん」とちゃん付けで呼ばれる (愛称の候補は他に「ヒーたん」、「ヒムすけ」、「ポンちゃん」が存在) 春川機関士:(41話)• 大切なのはそれにしないことです
光線を放つための光が詰まっている 戦歴 初戦 に謁見するハドラー達の様子を見て自分だけ権威の座から下ろされそうになり先走るを連れ戻すべく登場
ウルトラマジックで作り出した一体が、ガラオンに対してストレートパンチを放った 『ウルトラマンサーガ』 TPC総監の職に就いている
松本市(もしくはその付近の市町村)にある天文台でを発見しようと日夜観測に励みながら、天文台に来る子供たちに勉強を教えている 12に無理矢理任命された上でコメディリリーフな三枚目役も追加される
やけど• 出身地:不明• ハラシマ職員:(25,26話)• 『ウルトラマンサーガ』 TPC宇宙開発局参謀の職に就いている このころからリョウに余計な一言を言ってリョウの機嫌を損ねる描写がある
ミニブラックホール 第9話でダイナが時空衝撃波で宇宙空間に作り出したもの 「カリヤヘア」と呼ばれるその髪型は逆さになってもセットが乱れない

ひこう• ギアクーダに対して飛び蹴りを放ち、大きなダメージを与えた。

ジオシティ技術者:(4話)• 威力は炎熱拳と比較にならぬほど強力でミストバーンを封印解放にまで追い込んだ。

に対して使用し、敵の頭を陥没させて反撃の糸口を作った。

第26話では、危険な作戦に際し泣き言を言うも、リョウに平手打ちと叱咤激励されたことにより勇気を振り絞り、人類を勝利に導く活躍をする。

また相手にヒットした際、オレンジ色の光輪が発生する。

超ウルトラ8兄弟』 本作品とは別の世界のカリヤが登場。

黒とグレーを中心とした配色で、背中には各隊員の名前(男性は姓、女性は名)がローマ字で入っている。

普段は内側に折りたたまれているクリスタル部分が、変身時に展開・発光する。

チェーン星人レフト(明智正輝)・ライト(豪田):(27話)• 最終回においてネオマキシマエンジン 地球から火星まで数十分から一時間で移動可能、即ち約マッハ64,000以上 を始動させたクラーコフに、それを上回るスピードで追い付いている。

48