エクセル 強制 終了。 エクセル強制終了

処理を実行するたびにファイルができてしまうため容量は重くなってしまいますが、書いたコードが消える手間を考えると入れておいて損はないですよね。

処理が固まってしまった場合の強制終了方法とは VBAで処理を強制終了する方法は、大きく分けて3つです。

そうか。

どなたか原因がわかるかたもしいらっしゃいましたら教えてください。

タスク バーを右クリックして、[タスク マネージャーの起動] Windows Vista では [タスク マネージャ] をクリックするんだ。

マクロは自由度が高く、Excel自体の挙動に影響を与えることが可能であるため、Excelの起動時のトラブルとしては有力候補になり得る。

xlsm」でファイルを保存するサンプルです。

ですので、Aiseesoft データ 復元ソフトにより、暗号化されてもエクセルファイルを復元することができます。 この方法も警告メッセージから表示する場合と同じく、途中まで書いたコードが保存されずに消えてしまう可能性があります。 どうやるの? [ファイル]タブをクリックしてバックステージビューを開きます。 ファイルを名前を付けて保存する場合は、SaveAsメソッドを使います。 Excel2013まではクイックアクセスツールバーの左端にあるExcelアイコンをクリックし、[閉じる]をクリックします。 セーフモードで起動する セーフモードで起動するには、[Ctrl]キーを押しながら[スタート]メニューの[Excel]アイコン/タイル、タスクバーの[Excel]アイコン、デスクトップなどのショートカットをクリックする。 普通の処理では、 リセットボタンを押すことで処理を止めることができます。 ただし、Excelが「起動しない」というトラブルの原因はいろいろある。 あるいは、マクロ有効ブックならマクロが関係しているかもしれない。 また、Excelのショートカットやランチャーアプリケーション、その他のサードパーティー製ソフトウェアなどからExcelを起動したときのエラーは、必ずしもExcel自体のエラーとは限らない。