再婚 承認 を 要求 し ます 結末。 【再婚承認を要求します1話〜全話まとめ】 最終回はどうなる?結末が気になる!

』 『えぇ、その…あまり話すことがなかったから』 ローズは驚いているようだった。

ソビエシュとナビエのどちらか、あるいは二人ともが不妊なのかと思っている矢先、側室のラスタがソビエシュとの子を妊娠。

ラスタのことで揉めることは多くても夫婦の絆はあると思っていたのに、とこぶしを握りしめているときの、皇太子時代の二人のイメージ。

彼女は涙ぐんだまま私のほうを見ていた。

自分の髪だとごまかせたからよかったものの、もし髪色が違っていたら…と想像しているときの頭の中のソビエシュのイメージ。

なかなか口を開かない大臣に、ナビエは既に知っていると話す。

93
冷静にそれを突き放すナビエ ユニムは反対しましたが ハインリは 言うことを聞きそうにないので ユニムは目でナビエに ハインリを止めてくれるように お願いしました
するといきなり魔法庁の話を始めるソビエシュ ソビエシュの腕に抱きつき、満面の笑みで陛下と一緒に行くことに意味がある、と言っている場面
まずは、魔法使いとしての力が弱まっているエベリーに手紙を出そう、と皇后としての仕事を考えるナビエ… 恨みは捨てて 新しい波に乗らなければ ならない
セロさんの心の叫びがおもしろいです なんかきな臭くなってきたね 21〜40話 21話 ラスタがナビエの前に現れ、トゥアニア公爵夫人が移り気な方なのかどうか質問した場面 いつも周りにはたくさんの男性がいる、とラスタが発言するところ 22話 別宮へ出発する馬車の前で、支度を終えたナビエを待つソビエシュ 急用ができて一緒に出発できないことを伝えようとしている 23話 馬車に乗り込んだソビエシュのマントを引き、一緒に連れて行ってほしいとお願いするときの顔 別宮に行くことは知っていたけど、それが皇后の誕生日祝いのためで、皇后と二人きりとは思っていなかったので焦っている 24話 良い雰囲気に持ち込もうとしたソビエシュの誘いを拒絶し怒らせてしまった後、一人で食事をしていたときにクイーン(鳥)が窓の外にいるのに気付き、中に入れた場面 25話 ナビエも出席するトゥアニア公爵夫人のティーパーティーに誘われたエルギ公爵がその場にラスタを伴ってきて、苦い顔をするトゥアニア公爵夫人にクスッと笑って「構いませんよね?」と押し切るところ 26話 ナビエとエルギ公爵が話し込む場面に遭遇したソビエシュが、行動に気をつけるよう注意したら、国内の美しい男性にすると言われ、自分の部屋に戻っても不機嫌に考え込んでラスタの声も耳に入っていなかった
1〜20話 1話 「離婚を受け入れます」のセリフの直前の表情 貴族たちが集まる中、玉座のある部屋でナビエが大神官から離婚を言い渡されたところ 2話 西宮の庭にある自分だけの秘密の場所で読書をしていたところ、ソビエシュと彼が連れてきたという奴隷の噂が耳に届いてため息をついたときの表情 3話 泣いているラスタをかばいながら、ラスタを侮辱したナビエの侍女ローラを置いていけと、ナビエに命令しているときの表情 4話 ソビエシュの膝の間で胸にもたれながら、ラスタを側室にしてくれるという話をしているときの表情 5話 部屋で貴婦人たちとお茶を飲んでいるところに乗り込んできたラスタに、同じ人を夫に持っているから姉妹も同然と言われ唖然としている表情 6話 庭で大きな鳥を見つけたナビエはその足に結ばれた宛先のない手紙に返事を書く そのころナビエは魔法使いが通うアカデミーの傍を歩きます
その声は心地よいけれども 背中に感じる体温から ハインリは 熱を出していないことがわかり ナビエはしかめっ面をしました ナビエは、ハインリの髪が 風に揺れるのが好きで 彼の笑顔を見ると 心臓がくすぐられるような 気分になりました