ご 愁傷 様 で した。 「ご愁傷様です」の意味とは? 類語や正しい使い方を紹介

おかげさまで、葬儀通夜ともに無事に相済ませることができました。 「愁(しゅう)」という言葉は「愁(うれ)える」とも読み、 悲しく思うという意味です。 1 相手を気の毒に思うさま。 お悔みで避けるべき「忌み言葉」と「重ね言葉」って? 「お悔やみ申し上げます」 「おくやみ」と読み、文字通りの意味です。 生前は祖父がお世話になりました。 いえば「を気の毒に思う」という意味である。 お悔やみの言葉を伝える際のマナーや文例については以下の記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。 ご葬儀中の焼香や会食中、ご遺族のそばに通った会葬者がお悔みの言葉を掛ける場面もあり、いずれのタイミングも会葬者がご遺族へ思いやりの気持ちを持って哀悼の意を伝えるのがお悔やみ言葉です。 ご愁傷さまと言ってくれる人が礼儀をわきまえなければいけない相手の場合、痛み入りますと表現することで、丁寧に感謝の気持ちを伝えることができます。 ・受付のとき ・焼香のとき ・会食のとき 参列者が遺族の近くを通ったときにも、声をかけることがあります。
79
「恐れ入ります」と一言伝えた後に、今の心境や家族の状況などを伝えると丁寧で、心遣いをくれた方へのお礼の心を伝えやすくなります 九州地方・沖縄 探す• 遺族の方は、多くの人と挨拶をする必要があるため、そういった時間を奪ってしまうことは避けるべきです
哀悼の意を表しますは、亡くなった方への思いを示す表現であることから、ご愁傷さまの類語にあたります 気の利いた言葉を探すより「ご愁傷様でございます」の一言を ただ、もっと自分の言葉でご愁傷様です、という言葉の代わりを探す人もいるかもしれません
最後にビジネスで使える用語についての記事を紹介します 2つの言葉の意味は、「相手のご厚意に恐縮する」「心苦しいほどありがたく思う」といったような意味があり、どちらも「ご愁傷様です」と言われたときの無難な返事といえるでしょう
メールの文章は電報と違っていくぶんカジュアルな文体なので、使ってもよいと思われる人もいるかもしれません 「ご愁傷様」の類語は? よく使われる類語は、以下のフレーズです
こういった言葉を掛けられると、ご遺族もフッと気持ちが楽になり、喜ばれるでしょう 心からお悔やみ申し上げます」といった使い方ができます
「どうしてこの言い方が良いのか」という理由も添えてあるので、急な弔事などで迷ってしまった人は、この例文をぜひ参考にしてください その際は「ご愁傷様です」より相手を敬う表現として「この度はお悔やみ申し上げます」とした方がベターでしょう
お悔みで、使用NGな言葉 忌み言葉と言って、冠婚葬祭において使用を控えるべき言葉が存在します 一社会人として良識ある対応ができるよう、しっかりと頭にいれておきましょう
なお、「この度はご愁傷様でございます」という表現をすれば、さらに丁寧な言い方となります 「痛み入ります」 「痛み入ります」とは、あなたの親切や好意に恐縮していますという意味であり、「恐れ入ります」と似た表現ではありますが、「痛み入ります」の方がよりかしこまった印象の言葉になるため、相手と関係が近い時は「恐れ入ります」の方が相応しい返答になります
37