竹内 文書。 竹内文書の信ぴょう性はどのくらいあるのですか。

もし『竹内文書』に書かれたムー大陸が竹内巨麿の創作なら、彼はどうやってムーのことを知ったのでしょうか? 考えられるのは、 竹内家のある東北にムー大陸の伝説が独自に残されていた……という可能性です 3分で分かる竹内文書の内容 竹内文書の内容を超簡単に説明するなら以下のようになる
では、そこには何が書かれているのだろうか などといった記述がある
文献によると、超古代日本には、アシア族と呼ばれる高度な宇宙物理学を持つカタカムナ文明が発展していたという 皇祖皇太神宮の神宝「モーセの十戒石」を含む数千点に及ぶ資料は戦後の神秘主義者に大きな影響を与えた
古史古伝には『竹内文書(たけうちもんじょ)』を筆頭に、『九鬼文書(くかみもんじょ)』『上記(うえつふみ)』『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』『宮下文書(富士谷文書ともいう)』『秀真伝(ほつまつたえ)』『カタカムナ文献』などが知られる 以前書いた、「」が予想外に好評だったので、その時の持説のバックボーンをもう少し詳しく書いておこうと思った
しかし、先祖代々受け継がれ守られてきた歴史があり、そんな偽書なら誰が大切に引き継ぐでしょう 位山にはイチイの原生林がある
最後に「竹内巨麿」についてですが、「キリスト、モーゼ、釈迦は日本で死んだ」と唱えた「山根キク」、「日本のピラミッド伝説の創始者」「酒井勝軍」、「トンデモ景教学者」「佐伯好郎」、「源義経=チンギスハン説の大家」「小谷部全一郎」などと同等の「トンデモ論者」で有名です 弟妹の住居る所を、弟妹の名を国名に名付るを父天皇詔す(超図解 竹内文書より) 天皇の弟妹が五色人になったという意味だそうだ
ヒヒイロカネで造られた剣と鏡があるという この縄文時代に、人間は始めて土器や住居システムを取り入れます

中には、ムー大陸やアトランティス大陸などを連想させる記述も確認されている。

遺伝子操作により、ホモ・ルドルフェンシスが黒人となり、ホモ・エレクトスが黄人、ホモ・ネアンデルターレンシスが赤人となったのか。

そして現在でも5年に一度この大祭が行われています。

日本の古文書、竹内文書 皆さん日本の正式な古文書としてご存知なのが 『古事記』 になると思いますが、実はそれよりも古くから伝わっていると言われている古文書があります。

ボーイング777-300の座席数が514席で全長73. しかし 酒井勝軍氏が『竹内文書』をもとに、歴史書に残されていないピラミッド(と思われる数々の遺跡)を発見したのはまぎれもない事実なのです。

父は源重胤(みなもとのしげたね)、母は大中臣家(おおなかとみけ)の娘といわれている。

竹内文書は、天の巻、地の巻、人の巻の3巻からなる古代文書です。

万国棟梁天日豊本黄人皇主天皇子一族、三百九十七名。

既に皆さんも知っていることだとは思うが、神武天皇の称号「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」が日本語としては意味をなさないが、ヘブライ語としてなら少し修正すれば「サマリヤの皇帝、神のヘブライ民族の高尚な創設者」となることなど。

55
歴史上初めて、『正統竹内文書』の内容を公開したのが、本書である。 竹内巨麿の写しやメモが残っていて、証拠押収の際に撮影された写真も存在しておりおおむね復元された。 彼らは竹内氏に、空位となっている古神道宗家「武内宿禰」を襲名し、裏神道の祭主兼後南朝のリーダーになってくれと、告げたのである。 ちなみに、仏教の梵我一如とヒンドゥー教のブラフマンとアートマンの関係は同じものなので、ここでいう仏陀や弥勒菩薩などの「仏」は「神」と同義と捉えることができると思う。 そして、、、ばかりだが、世界を支配し続けたいアシュケナジー系ユダヤ人が、日本の天皇から神の称号を剥奪したこと自体が、天皇が救世主たりえる証拠であり、混迷の後、その称号を取り戻し、悪の支配から世界を救う可能性を示しているのだと思われる。 日本人が定着し始めたのは、約3000年前の縄文時代が終わって弥生時代辺りからとなります。 省略したが、実はこのカタカナム文献には宇宙論、生命の起源、粒子、多次元世界などについてが記述されている。 この予言を理由に「自分がそうだ」とか「彼がそうだ」とか言い出している人がいるが、この予言はホピ族の予言ともダニエル書とも死海文書とも全く関係がなく、ただ、現代のアメリカ人だかどこかの予言者が言い出しただけのことなのである。
50