東日本 大震災 震源。 東北地方太平洋沖地震

また2000年代後半以降、地質調査により仙台平野内陸などでほとんど知られていなかった巨大地震の津波の痕跡が次々と明らかになっていてこれらの知見を確率論的地震予知に反映しようとする動きが始まっていた。

その一方、野蒜地区では民間人の佐藤善文が自宅裏の岩山に10年かけて避難階段と避難小屋を作っていた。

57
本震では、地震動の発生源である断層の破壊が複雑な過程で約150秒間も続いた
11、科学者が人工地震だと言っている 11はHAARPによる人工地震だと語りました 地震波は秒速3 - 7 kmという限りある速度で伝播するため、異なる場所で発生した地震波が時間差で到達し、破壊継続時間以上の長さで強い震動が継続した
岩手県南部沖では少なくとも7回の津波を観測した ただ、「もともと発生する確率が高いと懸念されている地震なので、警戒が必要であることにかわりはない」と指摘する
従来低角でチリ型の沈み込み帯に分類されていたや南部は地震前には明確なを形成しているが、本地震の発生した日本海溝では明確な空白域は見られない、あるいはDouble Segmentationと推定される本地震や1964年などでは狭い範囲に超大すべり域が存在するなどの特徴が見られ、超巨大地震にも多様性があることが示された また、福島県から山形県にかけては本震以降にが発生し、2011年5月7日のM4. 5以上の地震のデータを解析したところ、本震で最もすべり量の大きかった領域の深部側で約22年前の1989年頃から静穏化が起きていたとしている
ただし、2015年(平成27年)国勢調査実施時点で全町・全村が原子力災害による避難指示区域となっている浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、飯舘村、葛尾村および、2015年9月4日まで全町が避難指示区域だった楢葉町については、福島県が最新の推計人口の発表をしていない ため、平成27年国勢調査速報値(2015年10月1日時点の人口) で代用する 岩手県の船越半島や宮城県の、などにつながる道路が寸断され、岩手・宮城・福島の3県で少なくとも1万6000人が孤立した
78 6