降りしきる 雪が 積もる よう に。 再会 (produced by Ayase) 歌詞「LiSA×Uru」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

この歌には、仲間の武士たちの、維新後の節操なき生き方に対する批判も込められているのではないかと推測されている。

なるほどと感心した歌をノートに書き留め、やがて自身が独自に集めた道詩と合わせて、この本にまとめたという。

しかしいま思えば、北国の人にとって雪に埋もれた冬の生活は、決してロマンチックなものではなく、厳しい現実なのだろう。

「またね」と笑って見せてくれた 同じように笑い返していたのに 気付けば少し滲んでいた あなたの姿 あれからいくつ夜を越えた 窓越しの白い画面に映った あなたと見たい景色を今も ずっとずっと見つめたまま 降りしきる雪が積もるように この町でただあなたを想う 離れていても同じ空が どうか見えていますように 「またね」と優しい声が響く 耳元にあなたが残した静寂 世界が切り離された夜 また目を瞑る くだらないことにずっと 幸せを感じてたきっと 特別じゃない日々をもっと 二人でただ過ごしていたくて 季節が何度変わろうと 隣にいたいよ ねえそれ以上 何もいらないから 降りしきる雪が積もるように 遠い町でただあなたを想う 触れ合うことができなくても 変わることなく 何度だってそう 振り返ればあの日の あなたの言葉が声が 会いたくなるんだよ 何度だってそう 信じ合えればいつまでも 二人繋がっていられる 雪明かり照らすこの町にも いつかは優しい春が芽吹く ここでまた会えたその時は 涙溢さないように 冬の終わりを告げる淡雪 そのひとときに願いを乗せる どんな季節も景色もあなたと 共に同じ場所で感じていたい 町に柔らかな風が吹いて 鮮やかな花が咲くその日を 待ち続ける二人にも 春が訪れますように 笑顔でまた会えますように. 私たちも、知らず知らずのうちに人としての道を踏み外していないか、絶えずわが身を振り返りながら生きていかねばと、1年の終わりに教えられた思いだ。

道詩というのは、教訓的な意味を込めた若であることを、この本で初めて知った。

降りしきる雪のなか、まだ来ない恋人を待つ思いを切々と訴える歌詞が素敵で、そんな雪に埋もれたホワイトクリスマスに、当時の私はひそかに憧れたものだ。

音楽素材は、どなたでも無料でご利用頂けます。

私は今回のコラムで「道詩」と言われる短歌があることを知りました。

瞬く間に降り積もる景色は、風情がありますが、どこか切ない雰囲気もあります。

この歌は、美しい雪の情景のなかに道徳的な教えを含んでいる。

「またね」と 笑 わらって 見 みせてくれた 同 おなじように 笑 わらい 返 かえしていたのに 気付 きづけば 少 すこし 滲 にじんでいた あなたの 姿 すがた あれからいくつ 夜 よるを 越 こえた 窓越 まどごしの 白 しろい 画面 がめんに 映 うつった あなたと 見 みたい 景色 けしきを 今 いまも ずっとずっと 見 みつめたまま 降 ふりしきる 雪 ゆきが 積 つもるように この 町 まちでただあなたを 想 おもう 離 はなれていても 同 おなじ 空 そらが どうか 見 みえていますように 「またね」と 優 やさしい 声 こえが 響 ひびく 耳元 みみもとにあなたが 残 のこした 静寂 しじま 世界 せかいが 切 きり 離 はなされた 夜 よる また 目 めを 瞑 つむる くだらないことにずっと 幸 しあわせを 感 かんじてたきっと 特別 とくべつじゃない 日々 ひびをもっと 二人 ふたりでただ 過 すごしていたくて 季節 きせつが 何度 なんど 変 かわろうと 隣 となりにいたいよ ねえそれ 以上 いじょう 何 なにもいらないから 降 ふりしきる 雪 ゆきが 積 つもるように 遠 とおい 町 まちでただあなたを 想 おもう 触 ふれ 合 あうことができなくても 変 かわることなく 何度 なんどだってそう 振 ふり 返 かえればあの 日 ひの あなたの 言葉 ことばが 声 こえが 会 あいたくなるんだよ 何度 なんどだってそう 信 しんじ 合 あえればいつまでも 二人 ふたり 繋 つながっていられる 雪明 ゆきあかり 照 てらすこの 町 まちにも いつかは 優 やさしい 春 はるが 芽吹 めぶく ここでまた 会 あえたその 時 ときは 涙 なみだ 溢 こぼさないように 冬 ふゆの 終 おわりを 告 つげる 淡雪 あわゆき そのひとときに 願 ねがいを 乗 のせる どんな 季節 きせつも 景色 けしきもあなたと 共 ともに 同 おなじ 場所 ばしょで 感 かんじていたい 町 まちに 柔 やわらかな 風 かぜが 吹 ふいて 鮮 あざやかな 花 はなが 咲 さくその 日 ひを 待 まち 続 つづける 二人 ふたりにも 春 はるが 訪 おとずれますように 笑顔 えがおでまた 会 あえますように 「 またね matane」 と to 笑 wara って tte 見 mi せてくれた setekureta 同 ona じように jiyouni 笑 wara い i 返 kae していたのに shiteitanoni 気付 kidu けば keba 少 suko し shi 滲 niji んでいた ndeita あなたの anatano 姿 sugata あれからいくつ arekaraikutsu 夜 yoru を wo 越 ko えた eta 窓越 madogo しの shino 白 shiro い i 画面 gamen に ni 映 utsu った tta あなたと anatato 見 mi たい tai 景色 keshiki を wo 今 ima も mo ずっとずっと zuttozutto 見 mi つめたまま tsumetamama 降 fu りしきる rishikiru 雪 yuki が ga 積 tsu もるように moruyouni この kono 町 machi でただあなたを detadaanatawo 想 omo う u 離 hana れていても reteitemo 同 ona じ ji 空 sora が ga どうか douka 見 mi えていますように eteimasuyouni 「 またね matane」 と to 優 yasa しい shii 声 koe が ga 響 hibi く ku 耳元 mimimoto にあなたが nianataga 残 noko した shita 静寂 shijima 世界 sekai が ga 切 ki り ri 離 hana された sareta 夜 yoru また mata 目 me を wo 瞑 tsumu る ru くだらないことにずっと kudaranaikotonizutto 幸 shiawa せを sewo 感 kan じてたきっと jitetakitto 特別 tokubetsu じゃない janai 日々 hibi をもっと womotto 二人 futari でただ detada 過 su ごしていたくて goshiteitakute 季節 kisetsu が ga 何度 nando 変 ka わろうと warouto 隣 tonari にいたいよ niitaiyo ねえそれ neesore 以上 ijou 何 nani もいらないから moiranaikara 降 fu りしきる rishikiru 雪 yuki が ga 積 tsu もるように moruyouni 遠 too い i 町 machi でただあなたを detadaanatawo 想 omo う u 触 fu れ re 合 a うことができなくても ukotogadekinakutemo 変 ka わることなく warukotonaku 何度 nando だってそう dattesou 振 fu り ri 返 kae ればあの rebaano 日 hi の no あなたの anatano 言葉 kotoba が ga 声 koe が ga 会 a いたくなるんだよ itakunarundayo 何度 nando だってそう dattesou 信 shin じ ji 合 a えればいつまでも erebaitsumademo 二人 futari 繋 tsuna がっていられる gatteirareru 雪明 yukia かり kari 照 te らすこの rasukono 町 machi にも nimo いつかは itsukaha 優 yasa しい shii 春 haru が ga 芽吹 mebu く ku ここでまた kokodemata 会 a えたその etasono 時 toki は ha 涙 namida 溢 kobo さないように sanaiyouni 冬 fuyu の no 終 o わりを wariwo 告 tsu げる geru 淡雪 awayuki そのひとときに sonohitotokini 願 nega いを iwo 乗 no せる seru どんな donna 季節 kisetsu も mo 景色 keshiki もあなたと moanatato 共 tomo に ni 同 ona じ ji 場所 basyo で de 感 kan じていたい jiteitai 町 machi に ni 柔 yawa らかな rakana 風 kaze が ga 吹 fu いて ite 鮮 aza やかな yakana 花 hana が ga 咲 sa くその kusono 日 hi を wo 待 ma ち chi 続 tsudu ける keru 二人 futari にも nimo 春 haru が ga 訪 otozu れますように remasuyouni 笑顔 egao でまた demata 会 a えますように emasuyouni. 一面に雪が積もった光景は、一見美しい雪野原に見えるけれど、降りしきる雪によって道が埋もれて見えなくなるように、欲が深すぎると、人としての道を忘れてしまいがちだ。

75
ー・-・-・- こちらのコラムは昨年の年末にブログに更新したかったのですが、年末は思いのほかバタバタしてしまい結局年が明けてしかも、1月も三分の一が終わろうとしているこの時期に更新することになりました ファイル形式はMP3です
そのまいんどに掲載されている音田昌子さんのコラムが好きで、残しておきたいと思うのですが、雑誌をそのまま残せないのでブログという形で残したいと思いました 中学生の頃、大好きだった祖母が亡くなり、菩提を弔うためにお寺通いを続けた
使用音源は、和風の音色が中心で、日本の雪国の情緒ある風景を表現しました
白い息 その先の 冬の星座に 伸ばした手 遠すぎる 瞬きに 僕は君を想い出す もう会えないこと 誰より理解ってるけど 痛みと 愛しさは この雪にも隠せはしない 降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます この白い景色 いつか君にも 見てもらうこと 約束だった そんな遠い日の君の笑顔が 僕の心 温めた 寄り添って 歩いてた 雪景色 あの日のままで 来た道を 振り返る 今は一人の足跡 音を失くした 澄み渡る空気に舞う 痛みも 愛しさも 全て抱きしめて歩き出す 果てしなく 雪は降り続けてた 君と僕を 離す壁のように 切なく揺れる 瞳に映った 無邪気な君が 愛しい 優しくくれた 最後の微笑み 僕はそれを 守り抜きたくて 静かに迫る 運命の影に 気づかぬまま 駆け抜けた 涙零れだす その瞬間に 君の腕に 抱かれた気がした 冷たい空の微かな幻 今降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます 粉雪が羽のように 舞い散る 全てやさしく 包み込むように かけがえのない 記憶を纏って 心に君を刻むよ 果てしなく 雪は降り続けてた… あの日から 閉じ込めてた想いを…. 雪を読んだ詩や歌は昔から数多くあるが、最近読んだ『道詩(みちうた)入門』 幻冬舎)の序文に、こんな歌が紹介されていた 降り積もる雪は、一晩で多い時は1m近くにもなります
明治維新以降は徳川に殉じて公職につかず、趣味の書画骨董を楽しむ隠遁生活を送った 忙しくなると入力時間が取れなかったりするので、1か月遅れでブログに残しています
新潟県の妙高市 音楽素材のダウンロード 音楽素材のダウンロードは、以下の「ダウンロード」をクリックして下さい
著者は、春日大社の元権宮司で、奈良県立大学客員教授の岡本彰夫さん 試聽 在 KKBOX 中開啟 再会 produced by Ayase 作詞:Ayase 作曲:Ayase 「またね」と笑って見せてくれた 同じように笑い返していたのに 気づけば少し滲んでいた あなたの姿 あれからいくつ夜を越えた 窓越しの白い画面に映った あなたと見たい景色を今も ずっとずっと見つめたまま 降りしきる雪が積もるように この町でただあなたを想う 離れていても同じ空が どうか見えてますように 「またね」と優しい声が響く 耳元にあなたが残したしじま 世界が切り離された夜 また目をつむる くだらないことにずっと 幸せを感じてたきっと 特別じゃない日々をもっと 二人でただ過ごしていたくて 季節が何度変わろうと 隣にいたいよ ねえそれ以上 何もいらないから 降りしきる雪が積もるように 遠い町でただあなたを想う 触れ合うことができなくても 変わることなく あぁ何度だってそう 振り返ればあの日の あなたの言葉が声が 会いたくなるんだよ 何度だってそう 信じ合えればいつまでも 二人繋がっていられる あぁ 雪明かり照らすこの町にも いつかは優しい春が芽吹く ここでまた会えたその時は 涙こぼさないように 冬の終わりを告げる淡雪 そのひとときに願いを乗せる どんな季節も景色もあなたと 共に同じ場所で感じていたい 町に柔らかな風が吹いて 鮮やかな花が咲くその日を 待ち続ける二人にも あぁ 春が訪れますように 笑顔でまた会えますように. ご使用前に、利用規約をご確認下さい
・・・道を見失ってしまうほど欲深く生きているつもりはないのですが ただ、油断をすると欲深くなっていたり、利己的になってしまっていたり・・・ ゆるびかも、自分の意識や立ち振る舞いを振り返りながら今年1年、正しく楽しく過ごしていきたいと思いました. 私はこの地へ毎年訪れます ファイルサイズは3MBです
この曲について この曲は、雪国の冬の景色をイメージして制作した音楽素材です この曲の雰囲気は、しっとりとしてどこか切ない感じです