麒麟 が くる 菊丸。 麒麟がくる:家康と親密な姿で「光秀=天海」に期待の声? “菊丸”岡村隆史、最終回「大切なメッセージ託される」

信長は切り取った蘭奢待を更に切り分けて、帝(正親町天皇)に献上する。 第四回「尾張潜入指令」で、瀕死の重傷を負ったという織田信秀()の容体を探るべく尾張に向かった光秀のお供に加わった際にも、その道中で明らかに「只者ではない」そぶりをみせ、ネット上で「何者なのか」と話題になっていた。 おそらく年配の方ほど、義昭の敗北に自分の苦い経験を重ねてしまうのではないかと思う。 菊丸の台詞は、これを示唆させた。 朝廷(貴族と帝)と幕府(征夷大将軍の認定を受けた武士)と信長たち外様の大名の権力争いが、ピラミッド構造になっていることが『麒麟がくる』で描かれる戦国時代の本質だ。 この時、義昭が殺されなかったことだけが唯一の救いだ。 フラグじゃ」「光秀と家康のくだりは、光秀=天海説を多少は匂わせているのかなあ」「家康は統治の仕方を光秀に聞くって、なにその天海フラグ」「光秀に太平の世の教えを請う家康。
0%に回復 明智秀満は、忠実な家臣のひとりですのでね
そして信長に脅威感じた義昭は、今度は信玄たちを上洛させることで信長を倒そうとする 我らの」 勝ち誇った秀吉と拘束され呆然とする義昭の姿をみつめる明智光秀(長谷川博己)
「その正体は、竹千代(徳川家康)の実母・於大とその実兄・水野信元に仕える忍びです スタッフさんに聞いてみたのですが、みんな目をそらして誰も教えてくれません(笑い)
なぜ、信長は蘭奢待を求めるのか? と光秀と今井宗久(陣内孝則)は語り合うのだが、110年前に足利義政が切り取りを行ったことを踏まえると、自らの力を歴代将軍と匹敵するものだと世の中に誇示するためだと、普通は考えるだろう この「駒」と言う女性もドラマ上での架空の人物・フィクションと考えられます
何故か森から謎の人が現れ、石を投げて、無事に逃げ切る事が成功します 第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(75)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描く
13