タバコ 販売 許可。 製造たばこの小売販売業の許可 : 財務省

なぜ財務省の管轄なのかというと税金との関係のようです ただこのタバコの小売販売許可は、店舗の近くにタバコ店があるような場合には許可がおりないことがあります
) ホ 許可申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する未成年者であるときは、未成年者の登記事項証明書 ヘ 許可申請者が身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者であるときは、身体障害者手帳の写し ト 許可申請者が母子及び父子並びに寡婦福祉法第6条第四項に規定する寡婦又は同条第六項に規定する配偶者のない女子で現に児童を扶養しているものであるときは、同法第8条に規定する福祉事務所の長の発行する当該者である旨を証明する書類 チ 予定営業所が自己の所有に属しないときは、その所有者の同意書、賃貸借契約書の写しその他の許可申請者が予定営業所を使用することができる旨を証明する書類 リ 許可申請者以外の者が営業又は管理を行う場所に自動販売機を設置しようとするときは、別紙様式第十八号による未成年者喫煙防止のための管理責任を負う旨の誓約書 二 許可申請者が法人である場合にあつては、次に掲げる書類 イ 定款又は寄附行為及び登記事項証明書 ロ 前号ニに掲げる書類 ハ 予定営業所が自己の所有に属しないときは、前号チに掲げる書類 ニ 許可申請者以外の者が営業又は管理を行う場所に自動販売機を設置しようとするときは、前号リに掲げる書類 2 法第22条第三項に規定する法第23条各号に該当しないことを誓約する書面は、別紙様式第十九号により作成しなければならない たばこ小売販売許可の承継 たばこの小売り販売の許可は一定の要件のもとで、承継することができます
七 申請者が未成年者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人であつて、その法定代理人が第一号若しくは第二号に規定する者若しくは破産者で復権を得ないものに該当する者であるとき、又はその法定代理人の代表者のうちに第一号若しくは第二号に規定する者若しくは破産者で復権を得ないものに該当する者があるとき ただし、承継する法人が以下に該当する場合、承継できません
ただし、承継する個人が以下に該当する場合、承継できません 小売販売業の際は15,000円・出張販売の際は3,000円となります
行政手続に関して経験豊富な行政書士が、迅速丁寧に対応いたします ) 二 一般承継者が相続人である場合であつて、二人以上の相続人の全員の同意により選定されたものであるときは、別紙様式第二十三号による当該事実を証明する書面及び戸籍謄本 三 一般承継者が相続人である場合であつて、前号の相続人以外のものであるときは、別紙様式第二十四号による相続を証明する書面及び戸籍謄本 四 特定承継者にあつては、法人の登記事項証明書その他の法第28条の規定により地位を承継した旨を証明する書類 五 一般承継者が分割により事業の全部を承継した法人である場合は、当該事業の全部を承継したことを証明する分割計画書の写し又は分割契約書の写し 2 法第27条第二項の規定により小売販売を業として行う者は、同条第三項の規定による届出をしようとするときは、別紙様式第二十五号による届出書に戸籍謄本を添付して、会社の営業所を経由して、その者により相続された小売販売業者に係る法第二十二条第一項の許可をした財務局長又は福岡財務支局長に提出しなければならない
また、たばこの自動販売機などでも同様の許可が必要になります (他人は不可)ただし、承継する個人が以下に該当する場合、承継できません
58

「喫煙目的室」の設備基準としては、次の技術的な要件があります。

審査の内容により、2ヶ月以上かかる場合もあります。

つまりラーメン屋や定食などを提供している飲食店では、喫煙目的室の設置はできません。

手続に必要なものがわかります。

たばこ事業法施行規則(抜粋) (小売販売業者の承継の届出) 第25条 法第27条第一項の規定により小売販売業者の地位を承継した者(以下この項において「一般承継者」という。

1 申請者が、たばこ事業法による罰金刑を受けて2年以内の者、破産者等たばこ事業法(第23条第1号から第7号まで)に定める者に該当する場合 2 予定営業所の位置が、袋小路に面している場所等たばこの購入に著しく不便と認められる場所である場合 3 予定営業所と最寄りのたばこ販売店との距離が、予定営業所の所在地の区分ごとに定められた基準距離に達していない場合 4 一般小売販売業の許可申請の場合で、自動販売機の設置場所が、店舗に併設されていない場所等たばこの販売について未成年者喫煙防止の観点から十分な管理、監督が期し難いと認められる場所である場合 5 特定小売販売業の許可申請の場合で、自動販売機の設置場所が、施設の従業員又は管理者等未成年者喫煙防止の観点から当該自動販売機の管理について責任を負う者のいる場所から当該自動販売機及びその利用者を直接かつ容易に視認できない場所である場合 ただし、工場、事務所その他の自動販売機の利用が主として当該施設に勤務する者等特定の者に 限られると認められる施設内の場所を予定営業所とする場合は除きます。

こちらの消費者庁の文書で、厚生労働省からの見解について触れられています。

だからと言って全く放任している訳でもありません。

また、条件2は論外です。

98
市区町村のどれに該当するかの他に駅の1日あたりの乗降客数なども検討材料とされます 電話、メールでのご相談を日本全国から受け付けています!. しかし、許可の申請はどこにするのか、どのような基準で許可となるのかについてはあまり知られていないのではないでしょうか
3 出張販売許可 最後が、出張販売許可です、こちらは許可取得場所以外で販売をする際に必用な許可で、出張箇所1つごとに申請を行い、許可を得る必要があります 見れば出入口脇の道路に面して確かにありました
未成年が買っているところを従業員が見たら購入をやめさせなければ法違反になり、最悪許可取り消しになりさらに刑事罰も課せられます It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website. 許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です
(1)個人Aから法人(Aを代表者) (2)法人(Aが代表者)から個人A (3)法人(Aが代表者)から個人B(AとBは同居する三親等内の親族関係) (4)個人Aから個人B(AとBは同居する三親等内の親族関係) (5)個人Aから法人(Bが代表者)(AとBは同居する三親等内の親族関係) (6)人格のない社団の構成員Aから同社団の構成員B (7)人格のない社団の構成員Aからその人格のない社団の構成員の過半数が所属する法人 (8)会社法の規定により法人が組織変更 たばこ小売販売許可の承継に関連する条文集 たばこ事業法(抜粋) (小売販売業の承継) 第27条 小売販売業者について相続、合併又は分割があつたときは、相続人、合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割により事業の全部を承継した法人は、その小売販売業者の地位を承継する 許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です
詳しい基準については、ズルイですが(笑)下記の回答者の皆様のURLをご参照下さい 調査自体は10分程度で終了するものです
) 添付書類の特例 ・申請の日前2年以内に行った申請が、前回と同一場所であり、前回申請時に添付した 書面の記載内容に変更がない場合については、前回申請に対する不許可通知書、行政 不服審査法の規定に基づく弁明書若しくは裁決書の謄本の提示又は写しを添付すること により、以下の添付書類の省略をすることができます たばこの販売をするためには許可が必要であることをご存知の方は多いと思います
Q8.証明書の発行先は?(破産者等) A.発行は申請者の本籍地となる市区町村の担当窓口となります 国内行政書士では私以上の知識経験のあるものはいませんよ
87