トヨタ ウィッシュ。 トヨタ ウィッシュ 試乗レポート(1/4)

30代 男性のトヨタ ウィッシュ DBA-ZGE22W についての口コミ 岡山県岡山市中区在住/既婚 "配偶者・子2人" 5段階評価 ・外装 :5点 ・内装 :5点 ・走行性能:5点 ・乗り心地:5点 ・取り回し:5点 ・経済性 ;4点 ・積載量 :5点 ・総合 :4点 良い点 室内空間が広々としていることが良いです。

また、同時に「1. - 、ゲートウェイ工場にてを開始。

- 、観音工場での現地生産を開始。

4WD車は1. セカンド・サードシート格納時は1,820~2,015mmと、背の高い人でも十分足を伸ばせる設計。

プレスリリース , トヨタ自動車, 2004年4月17日 ,• 後部座席を倒した時の段差があまりないのが車中泊には嬉しいウィッシュ。

取り回しもあまりよくありません。

エアロを装着する上級グレードのような派手さはないが、最も安価なこのモデルにまでリアスポイラーが標準装備なのも、ウィッシュを購入する顧客の気持ちをよく理解している。

連続可変機構• プレスリリース , , 2002年10月12日 ,• キャッチフレーズは「願いの先へ走って行こう」で、CMキャラクターに、CMソングにとの「」を起用した。

- 堤工場での生産を終了。

ウィッシュの開発テーマは、「WISH COMES TRUE(多くの人の願いに応えること)」で、当時の車の理想像を追求した、どの自動車カテゴリーにとどまらない多機能的でスポーティな車を目指して開発されたものです。

トヨタとしては、自社の新しい車両開発・生産の方針であるTNGA(Toyota New Global Architecture)を進めるために、販売台数が見込めるミニバンの新車開発と既存車の性能アップに努め、人気のなくなったウィッシュはトヨタのラインアップから失くす方向となりました。

星島浩『メカニズム詳細解説 「新しい乗用車」への"願い"』、26-31頁。

生産は堤工場。

後部座席を倒した時の段差があまりないのが車中泊には嬉しいウィッシュ。

55

フロントマスクはフロントバンパーに厚みを持たせ、シャープなヘッドランプと相まって精悍さを高めたほか、ルーミーさとスポーティーさを兼ね備えたスタイリッシュなエクステリアとした。

8Sのメーカー工場出荷時状態以外の車両は識別がわかりにくい。

8X」、エアロボディと大径ホイールを装着し3ナンバーワイドとなる「1. - 、観音工場での現地生産を開始。

登坂時はアクセル操作ごとの不要な変速を抑制し、降坂時はブレーキ操作を行うと自動でシフトダウンを行い、エンジンブレーキを効かせる制御を組み込む。

さらに、「1. ネット記事 [ ]• 続く2代目は、2012年4月にマイナーチェンジ。

8Lの「X」と、2Lに「G」とスポーティな「Z」の3グレード。

8 S ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 Aタイプ 4WD• ユーカーパックなら連絡がくるのは1社だけなので安心です。

ウィッシュがデビューした2003年は、スライドドアはもちろん通常のヒンジドアの3列シートなども存在していて、個性豊かなが多くあった時代。

8X"Aero Sports パッケージ"のFF車には 4速シーケンシャルシフトマチックを搭載している。

95