ゾム 火傷 小説。 私の好きな我々だ

俺のパーカー着て『見てみ?彼シャツならぬ彼パーカーやで!』とか言ってきたから、犯そう思ったんやけど羞恥心で逃げやがった…。

「ちょ、ちょっと待てゾム!」 「あ?なんや?」 「コネシマ、お前に何したん?わざわざ人の家の窓から狙撃されるような事をしたんか!?」 これは気になる。

2体から5体までのデーモンがしもべとして出現することになる。

「理由を言ったら匿ってやってもええ。

ひよこはゾムの頭に向かってピョンと乗っかった。

」 「なんでや!?」 「うるさい!俺の睡眠中に叩き起こしやがって!お前らの惚気に付き合う気はない!」 「惚気ちゃうて!」 オロオロと焦った様に話し出すコネシマ。

誰からも 逃げられるはずが無いのに。

『ッッッッ~~!』 ドンドンと、ゾムの胸を叩くがビクともしない。

tn「大丈夫か?風邪引いとらへん?」 zm「うん、大丈夫。

どうせゾムのパーカーを破いたか、ゾムのマグマに水をかけたか、ゾムの食いもんを勝手に食ったかの三択だ。

45

何でそんなに普通にしていられるの?. 」 シャオロン「ゾムがヤンデレっぽい…………」 ゾム「確かに姉ちゃんの事は好きやけどさぁそこまでは好きやないで?」 『そうでなきゃ困る。

あまりの剣幕に押されて目を閉じたのまでは覚えているが、まさかそのまま翌日まで眠ってしまうとは。

」 「えっ!?いや、せやから言えんて…」 「ならさっさとゾムに粛清されろ。

するとロボロが席を立ち ロボ「飲み物 持ってくるわ」 とキッチンに行ってしまった。

二回も自身を刺すようにゾムに指示を出したのもその為。

上のものより危険な効果が発生しやすい。

どう見ても平和的に会話をしにきた感じじゃない。

これ以上無理をするならペ神に言うで?」 しんぺい神に告げ口するぞと脅すオスマン。

zm あの時は恐怖心でいっぱいだった zm 鳥の時だって… zm また襲われるんやって怖かった。

「理由は聞かへんよ、それはグルッペン達がするだろうからね また、棄教以外のあらゆる行動に評価を下さないため、信仰値は存在しない
どうせゾムのパーカーを破いたか、ゾムのマグマに水をかけたか、ゾムの食いもんを勝手に食ったかの三択だ この雷霆はキャラクターを巻き込んで発生するが、発生した瞬間はゾムによって電撃から完全に保護されるため、信徒はダメージを受けない
判定値:悪意 経験レベル 判定値:好意 1d 経験レベル 備考 アビス送りなどの負の面ばかりが強調されがちなゾムではあるが、実は信仰してみると意外なほどに助けられる局面が多い 好意と同じように一覧の上から順次に判定値で賽が振られ、最初に判定が成功した悪意をもたらす
「ったく…誰や?俺寝みぃんやけど!」 「シャオロン!俺や!コネシマのや!ちょっと開けてくれ!」 相手がコネシマで、余計に殺意が溜まる そして会議が終わり 各自戦争への準備を始めた そして開戦、 最初は我々の軍が優勢で、 僕、シャオさん、ゾムさんで、 全線を戦っていたその日 我々軍本拠地、軍事要塞に、、、 原子爆弾が投下された
この作品めっちゃ好きです!正座www 2020年6月10日 18時 id: - プリはやってないですね…感想ありがとうございます!毎日正座して読ませてもらってます 【】 ゾムは狂気じみて気まぐれなカオスの神である
「お、おおおま… 彼の下着に手をかけて それをあらわにする
あ、やばいって思った瞬間 『目が覚めたんよ』 コネシマ「偉い怖い夢やな 「ごめん」 「そのゴメンは、自傷をしたことに対してなのか、それとも今後の約束は出来ないって意味なのか
65