ゲルググ ウェル テクス。 アクティブ・バインダーなどを再現!「ガンダム MSV

ビーム・ナギナタ(ビーム・ソード) 社製の近接用兵装。
やがて、ネオ・ジオンの地球圏帰還作戦が本格化し始めた段階で旧式MSは訓練用として再び日の目を見る が、ゲルググといえども当時の新型機と比べて完全に旧式化しており 、近代化改修がほどこされたのが本機である 」では、地球降下作戦でハマーンが不在のアクシズをエゥーゴが奇襲した際に、防衛隊の1機としてマシュマーが搭乗したとされる
機動性能が向上したため、シールドは小型のものを左前腕に固定装備している 参考文献 [ ]• 前回はB-CLUB製のガレキを使用して製作しましたが、今回はGIGA製のガレキを使用
物語終盤では、シーマ艦隊の裏切りに伴って連邦軍と共同作戦を行い、先刻まで味方だったデラーズ・フリートと交戦する , p. また、初期型のゲルググと比較しモニター視界も良好となった
漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0』では、の強奪時に登場 オールズモビルの運用する機体はリファインされて性能が向上していたものの、当時の最先端の技術が採用されたMSではなかった
照準器も破格の精度を誇る 基本的な外観はオリジナルと大差ないが、頭部センサーはモノアイではなく連邦系MSの特徴であるバイザーに覆われている他、腕部も連邦系の直線的なデザインのものに代わっている
同作には様々な新しいMSV機体が登場し、 ArkPerformanceさんの美しくカッコイイ絵柄で描かれている事もあり、 多くのガンダムファンに支持されていました 型式番号も現場での便宜上のもので、正式なものではない模様
16
濃淡グリーンのスプリッター迷彩が施されている。 資料によってビーム・ソード 、ビーム剣と呼称される。 主兵装はプルバップ式360ミリロケット砲(360ミリロケット・バズーカや360ミリロケット・ランチャーとも呼ばれる)を携行し、グレネード・ランチャーは左腕のみ装備とされるが、外観からは両腕に確認できる。 製品素材:PS・PE• 『』第1巻、、2018年12月27日。 小説版ではガーベラ・テトラは登場せず、最後までこの機体に乗り続ける。 しかし、のちの漫画『』ではシャアのゲルググに同パックが付いており、驚いたという。 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第5巻限定版付属冊子『MSイラストレーションズ』小学館、2015年3月、30頁。
73