đŸ‘†åŒ‚ã„ įŽ‰ã€‚ æ˛ĸį”°ãƒ”ヨぎæ—Ĩæ—Ĩ是åĨŊæ—Ĩ

しかし、į”ŸåžŒåŠåš´ãŽæ¯å­ã¯æœå¯ã¨æ˜ŧ寝ぎ時間が厚ぞらず、īŧ‘åēĻãƒŦッ゚ãƒŗ中ãĢ寝ãĻしぞãŖたことがある īŧ“īŧīŧīŊīŊŒ īŧ“īŧ”īŧ˜īŧå†† åĨŗ性ぎデãƒĒã‚ąãƒŧトãĒč‚ŒãŽã“ã¨ã‚’č€ƒãˆæŠœã„ãĻäŊœã‚‰ã‚ŒãŸã€ äšžį‡Ĩやくすãŋ、ニã‚ĒイãĢæ‚Šã‚€åĨŗ性ぎįžŽč‚Œã‚’åļえるボデã‚Ŗã‚Ŋãƒŧプです
æ Ēåŧäŧšį¤žã‚Ŋãƒŧã‚ˇãƒŖãƒĢテックさんぎãƒĸニã‚ŋãƒŧãĢ参加中です
īģŋ īģŋ 20分ãģおおかãĒいといけãĒいぎで時間があるæ—ĨãŽã‚ąã‚ĸãĢäŊŋį”¨ã—ã‚ˆã†ã¨æ€ã„ãžã™đŸ•īģŋ īģŋ īģŋ īģŋ. ã”ãĄãã†ã•ãž đŸ‹ã¯ã€å¤ãƒãƒ†é˜˛æ­ĸ、回垊、ホッと一息ぎã‚ŋイムãĢč‰¯ã„ã§ã™ã­
ã‚ˆã‚Šä¸€åą¤ãŽæ„Ÿå‹•ã§ã™ クナ゚ãŋんãĒでæ…ŖれãĻいくんですね
感情をå‡ēしãĻīŧˆæ°—æŒãĄãŒæ•´į†ã§ãã‚‹ã‹ã‚‰īŧ‰ お受験するようãĒčŖ•įĻãĒãŠã†ãĄãŽå­ãŠã‚‚ãŒé€šã†ãŠæ•™åŽ¤ãŽé›°å›˛æ°—
åĸƒå†…でも、こんãĒįã—い品į¨Žã‚’čĻ‹ã¤ã‘ぞした。 é ­ãĢはæ—ĨæœŦ手ãŦぐい、čļŗはやぞうり、åĨŗ性はãƒĸãƒŗペをはいãĻいぞす。 įžŽčĄ“åˇĨčŠ¸é¤¨ã‚’å‡ēãĻ、帰り道ãĢ【å§Ģčˇ¯ãƒãƒŠåœ’ã€‘ãŒã‚ãŖたぎで、寄り道しぞした。 į”°æ¤ãˆã‹į¨˛åˆˆã‚ŠãŒįĩ‚わãŖãĻ、一息ついãĻいるぎでしょうかīŧŸđŸ‘‡ éĄ”ãŽčĄ¨æƒ…ã‚„čƒŒä¸­ãŽä¸¸ã‚æ–šãĒお、äēēåŊĸとは思えãĒいãģお、į´°ã‹ã„所ぞでįšŠį´°ãĢ襨įžã•ã‚ŒãĻいぞす。 おčŒļãĢはäģŠãžã§ã€ã‚ぞりこだわりãĒくæĨぞしたが、これはとãĻもįžŽå‘ŗしいと思いぞす。 äģŠã§ã¯äŊŋわれãĒã„č¨€č‘‰ã°ã‹ã‚Šã§ã™ãŒã€ã¨ãĻも懐かしいです。 とãĢもかくãĢも、īŧ¤äŋč‚˛åœ’は3. īŧˆå°ã•ãĒæŒŋįĩĩをčĻ‹ãĻīŧ‰æ˜Ÿã ã­īŊžã‚­ãƒŠã‚­ãƒŠīŊžīŧˆã‚ĢãƒŧペットをčĻ‹ãĻīŧ‰ã“こãĢも星があるねīŊžã€‚ ã†ã‚“ãĄã€Œ č‡­ã„č‡­ã„ã€ã€‚ æœŦでč‡Ē分で教えãĻるママさんもいるãŋたいīŧ č‰˛ã€…ã‚ã‹ã‚‹ã‘ãŠã€ãžã åŖã§ã¯ä¸Šæ‰‹ãčŠąã›ãĒいīŧ‘æ­ŗ半〜īŧ’æ­ŗãĢかけãĻ、大æ´ģčēã™ã‚‹ãŋたいãĒぎで、これからもæĨŊしãŋですđŸĨŗ 投į¨ŋ者: ã‚ĢテゴãƒĒãƒŧ: ã‚ŋグ: こんãĢãĄã¯ã€‚ 思いčĩˇã“せば、īŧ–月22æ—Ĩは、さんぎå‘Ŋæ—Ĩです。
96 74