公務員 給与 削減。 日本の公務員は国際スタンダードなのか

42
自治体も民間企業の利益が多い分、多くの税金を納めてもらうことができます 5%にあたる1280の自治体が、政府の要請などに基づき地方公務員給与を削減したが、その一方で255自治体(全体の14. さらに医療職をのぞく町職員265人の給料を一律10%削減して約8千万円を捻出し、財源の一部に充てる見込みだった
ボーナスは、リーマン・ショック後の10年以来、10年ぶり 正直こんなこというと怪しいし、嘘くさいですよね
自衛隊や警察官など一部の方は民間住宅ローンが難しいのでしょうがないのですが、 公務員のマイホーム購入方法多くは公務員共済基金を担保にし、 毎月の返済負担を軽く(少なく)して最終的に退職金(平均4千万円)で清算する方も多いです 日本の公務員改革はどこへ? 日本の公務員制度改革をめぐる議論の中でよく耳にするのは、公務員の数が多すぎる、業務に向かうモラールが低い、そのため無駄が多い、という指摘であろう
一律削減なんかでなく、給料の割にはよく働く人や優秀な人には多く払い、給料の割には働かない人は少なくするというような能力給を導入するならわかりますけど こうした「比較対象になり得ない」資料に基づく宣伝が繰り返され、これに釣られて民主党も何の根拠もない「公務員給与20%削減」を掲げるようになり、国民に「公務員給与は高すぎる」との印象づけを行ってきたのである
この民間とは50人以上を雇用している事業所なのですが、全体を調査するのは困難なので無作為抽出します 要は、 本来、夏のボーナスであったものを、冬のボーナスとして支給している額も含まれている 要は、 公務員のボーナス支給額の伸びは鈍化している また、人事院勧告の解説でもあったように、前年度の民間企業の給与調査結果を反映していることも影響している 公務員にボーナスが支給されること自体に疑問を抱いている人も多いなか、 世論からの批判は避けられない状況にある 人事院勧告にもとづき公務員の給与が反映される時期 国家公務員であれば法律、地方公務員であれば条例が公布された翌月の給与から額が改定される 人事院が調査するのは、月給は4月時点、ボーナスは前年冬と夏の支給月数 月給でみれば、 民間企業が4月時点なのに対し、人事院勧告は8月に行われるため公務員に反映されるのは9月頃となる となれば、民間企業との差が半年以上も空いたままになってしまう これに対して、 公務員はさかのぼって給与をカットする 方法としては、冬のボーナス(厳密には12月の期末手当)で減額調整することになっている 年末調整みたいなもので、税金を多く取り過ぎたものは返ってくるようなイメージだ 要は、公務員の給与は思っている以上に柔軟に増額もされるし減額もされるということ 公務員の冬のボーナスは0. 一般の人や自営業や民間企業従事者は 購入した家を担保に月々の給与とボーナスで少しずつ返済します
公民格差の解消を基本としつつ、民間の実態を踏まえ、初任給は据え置くとともに、おおむね30歳程度までは引き下げ率を緩和することも併せて勧告した そして、この「情勢適応の原則」を実現するために、同条第2項は「人事院は、毎年、少なくとも一回、俸給表が適当であるかどうかについて国会及び内閣に同時に報告しなければならない」、また同法第67条は「人事院は、…給与に関する法律に定める事項に関し、常時、必要な調査研究を行い、これを改定する必要を認めたときは、遅滞なく改定案を作成して、国会及び内閣に勧告をしなければならない」と人事院に義務付けている
9%(2006年)でOECD加盟国の第5位と高い 1つは、いまのタイミングでよいのかということだ
21 62