前田 恒彦。 証拠物のフロッピー改ざんした大阪地検特捜部・前田恒彦元主任検事に実刑判決

本誌に収録できなかった、取り調べの実態や拘置所の様子、それぞれが組織を切られた時の模様をお届けします。

詐欺事件で逮捕され、前田に取り調べを受けた音楽プロデューサーのは「高圧的なところがまったくない、紳士的な人 」、障害者団体向け割引郵便制度悪用事件で前田に取調べを受けた参議院議員のは「真面目でおとなしい人物 」との印象を持ったという。
そして取り調べの一部始終を録音していたのである。 下の赤枠内。 元大手紙記者は「かつては死体を乗り越えてでも巨悪を摘発するという検察に期待する有権者はいたが、今は少ない。 単なる神話だったのか。 検察幹部は胸をなで下ろしているかと思いきや、両事件をめぐって新たな疑惑が浮上し、戦々恐々としているという。 自殺者は枚挙にいとまがない。
49

本人の話も聞かずにいきなり逮捕した」とし「やりすぎ」と批判し、自己の刑事責任を否定するとともに元主任検事を擁護した。

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件 [ ] 大阪地検特捜部当時の部下であった前田恒彦がにおいての罪で、同年9月21日に逮捕された後、同年9月23日から、総務部長・伊丹俊彦から任意の取り調べを受けた。

「捜査報告書の作成は小沢氏起訴に執念を燃やす当時特捜部長の佐久間達哉氏や主任検事が指示していた。

偽名を使うと、何(の容疑)に引っ掛けられるか分からないですから。

6月には小沢一郎代表の元秘書、石川知裕氏からの聴取も試みたが、石川氏が録音を希望したために中止した。

言っていません」 八木「田代検事の取調べで『死にたい』とか『死んで詫びたい』とか、そういうことは言っておられないのですね」A「そのような状態ではありませんでしたし、ぜったいに、そんなことは取調べで言っていません」 以上 出典: ホームページ上のhtmlやPDFなどの記事や報道内容の大部分は、すでにリンクが外れているが、以下は、虚偽の逮捕状請求の内容を受けて報道された新聞記事の一部である。 2019年11月12日閲覧。 東京地方検察庁特別捜査部在籍時に捜査に参加。 衝撃 逆転無罪ミステリー」で取り上げられます。 逮捕の1時間前に大阪高検総務部付に異動• この裁判ののち、この事件の証拠物件たるフロッピーディスクの記録内容を改竄していたことが発覚し、2010年9月21日、前田が罪によりに逮捕された。 その後、に収監され、翌5月に満期出所した。 同署は「信号無視で歩行者が立件されるのは珍しい。 さらに、今回の容疑の時効は3月末。 それなのに大久保氏の逮捕に踏み切ったので驚いた。