ニュース 9 キャスター。 元NHKの大越健介氏の今後「『報道ステーション』キャスター有力」放送関係者明かす(ENCOUNT)

6月30日付でNHKを退職 放送ジャーナリストとしての活動の意向を示していた NHKを6月30日付で定年退職した「ニュースウオッチ9」の元キャスターの大越健介氏が、遅くとも新年度には民放の報道番組にレギュラーとして出演する可能性が高いことが7日、分かった。 関連項目 [ ]• テレビ画面を通して再び大越氏の姿を見ることができるのも、そう遠くないようだ。 2018年6月6日付の報道で、メインキャスターの村尾信尚が同年9月を持って卒業。 (2019年4月1日 - )• なお、当初は、桑子の降板と同時に有馬も降板する予定だったが、和久田を育てて欲しいと制作側の意向により、有馬は続投となった。 3月25日の放送では、辺野古基地建設を巡って沖縄と安倍政権が真っ向対立する中、自ら翁長雄志知事と菅官房長官の双方に個別インタビューをして、それぞれの言い分をいっさいのコメントなしにそのまま出した。 ( 000000002017-04-03-0000 2017年4月3日 - 000000002018-12-28-0000 2018年12月28日)• (2019年4月 - )• しかも、今回ターゲットとなったのは、公共放送・NHKだ。 「在日コリアン1世の方たちというのは、1910年の韓国併合後に強制的に日本に連れて来られたり、職を求めて移り住んで来た人たちで、大変な苦労を重ねて生活の基盤を築いてきたという経緯があります. NHKは10日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、報道番組「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・00)の有馬嘉男キャスター(55)が3月いっぱいで番組で降板することが発表された。 同僚記者はこう語る。
後にニュースとニュースの境目にアイキャッチCGアニメを導入。 2019年4月からは産休の生野陽子アナに代わり「めざましテレビ」キャスターなどで知られるセントフォース・長野美郷がキャスターに就任。 緊張もあるのかもしれませんが、もっと笑顔を見たいですね! 原稿を読むだけで読経みたい 原稿を読むだけで読経みたいという声もありました。 画面を通して誠実で、実直な雰囲気が漂う。 全くガバナンスが利いていない。 まさに異例のキャスター交代ですよ」 同記事は、そんな記者の言葉から始まる。 それが昨年暮れ、総選挙で自民党の圧勝が決まったころから雲行きが怪しくなった。 同時に番組にテイストがリニューアルされ、以前に比べるとNHKらしい真面目な硬さが減少し民放的なノリが増している。