エアー ドロップ 送れ ない。 AirDropが繋がらない時に確認するポイント13選

全てダメならAppleサポートへ相談 今までに書いてきた方法のどれを試してもAirDropが使えないとなると それはiPhone本体の物理的な不良や初期不良が考えられます。

つまり、iCloudへサインインしていないと、AirDrop受け取り側の「連絡先のみ」を設定することができません。

AirDropが送受信できない原因と対策 そんな便利機能 AirDropが使えないとなると困ります。

旅先や集合場所を共有したいときに便利です。

表示される名前の変更方法 AirDropでデータを送る際には、あなたが使用しているデバイスの名前が表示されます。

「すべての人」となっていれば、AirDropできる相手が制限されないが、「受信しない」だと、誰ともAirDropできない。

ファイルが極端に重すぎないか 1時間以上撮影した動画ファイルでも送信できますが、写真と違って一瞬では終わらず時間がかかります。

fa-y-combinator-square:before,. WiFiとBluetoothe設定がオンになっているか 既に前述しましたが、AirDropは、送信する側と受信する側の双方でWiFiとBluetoothの機能がオンになっていないと利用することが出来ません。

なので特に設定などは必要ないのですが、 Wi-FiとBluetoothはオンにしておかなければAirDropが使えないので、そのポイントだけ注意しておきましょう。

データを受け取る際に「受け入れる」を選択すると、「写真で開く」「ダウンロードに保存」の2つの選択肢が出てきます。

AirDropを使おうとしている端末が、この条件に合っているか確認してみてください。

「共有相手がみつかりません」の原因と対処方法 Airdropが出来ない場合に一番多いのが、 「共有相手がみつかりません」と表示されてしまうという事例です。

7