朝倉 未来 少年院。 朝倉未来が少年院に入った理由は?路上の伝説が格闘家になるまで|peasunのブログ

あくまで噂だろ… と思うかもしれませんが、これは事実です。

朝倉未来さんの少年院に入っていた理由についてや 幼少期の喧嘩に明け暮れる毎日を まとめました。

12年にDEEP CAGEIMPACT浜松大会に出場し、板垣守計を1R53秒KO勝利で華々しく総合格闘技デビュー戦を飾る。

少年院の単独室にて・・・ 少年院の単独室では、1日8時間くらい座禅をさせられ、この生活が2週間ほど続きます(当時) 2週間もこの部屋にいると足の筋肉が落ち、集団寮に戻ると1日で筋肉痛になるほどのようです。

朝倉さんは、この時に逮捕されていなければ上半身全体に刺青を入れ、極道を極めようと思っていたそうで、道を誤る前に少年院に入ったことが人生のターニングポイントとなりました。

朝倉、すげえ強えーよ! やっぱさー、みんな勝てなくて、悔しい思いしたんだよね。

自分の人生を考えることもあった? 刺激を求めて喧嘩をしていた朝倉未来さんですが、だんだん「違うな」と感じるようになったそうです。

不良たちが輝いていた。

喧嘩の伝説が始まったのは中学から 朝倉未来さんの喧嘩の伝説が始まったのは、中学の頃からのようです。

少年院での入浴は? 朝倉未来選手の当時の少年院では、入浴時間は7分くらいとあっという間だったようです。

聞くところによると、自薦での出場志願が毎回500人を超えていたそうだ。

ここに全国の腕自慢が集まってくるなら、俺だって出たい。

2010年というのがどういう時期だったかというと、格闘技の人気が落ち込んでいた頃合いだった。

鑑別所に入り、その後の裁判で自分の過去を否定することになるという理由で綺麗事を言わず、反省の態度を示さなかったので、少年院に行くことになったそうです。

朝倉未来が少年院に入った理由は?路上の伝説が格闘家になるまで まとめ いかがだったでしょうか! 今回は朝倉未来選手の少年院時代にまつわるエピソードをまとめました。

友達に怪我を負わせて親が謝りに行ったことも 中学生の頃、友達と喧嘩をして相手に大きな怪我をさせてしまったことがあったそうです。

46 87