ラクマ キャンセル。 ラクマでキャンセルがしたい4パターンをご紹介!評価はどうなる?出品者・購入者がやるべきこととは?

上記以外にもキャンセル方法はありますが一番早い方法です! ラクマのキャンセル方法|購入申請をした状態の場合 【購入申請あり】の状態 出品者に、購入申請を承認しないようにコメント機能にてお伝えください。

やりとりがスムーズにいかずにトラブルになることや、悪い評価をされてしまうこともあります。

もし購入者さんから商品ページのコメント欄に「先ほど購入申請しました!承認よろしくおねがいします!」と書き込みがあった場合は、返信にて事情を説明して商品できないことを伝えておくと良いかも知れません。

スポンサーリンク• 購入後のキャンセルはなるべく起こさないように 以上がラクマでの取引キャンセル後の商品代金やポイントの返還についてでした! ラクマでは購入者・出品者共に購入後であっても取引のキャンセルはできますが、原則として購入後のキャンセルはしてはいけないことになっています。

出品者側の不手際による返品であれば、返品送料を負担してもらえることが多いでしょう。

受け取り評価後 取引がほぼ完了の状態であり、運営側が介入してキャンセルすることは難しいです。

売上金で全額支払う• コンビニ/ATM払いの場合 銀行吹き込みでの返金になります。

また、個人的に別のツールでの連絡先を聞かれても教えてはいけません。

また、ラクマの場合購入申請機能もあるので、購入申請をしたもののやっぱり申請をキャンセルしたいという場合もあるでしょう。

82

売上金払いの返金 売上金から支払いを行った場合は、ポイント払いと同様に 取引キャンセル成立から翌営業日中に売上金で返還されます。

それを見た上で出品者が購入の許可・拒否ができるのです。

こちらも目を通してみて下さい。

入力フォーマットにしたがって、お問い合わせフォームの入力が完了したら画面上の「メール」をタップして送信します。

そのため、問い合わせても対応されないこともあります。

キャンセルで想定されるパターンは、次の5通り。

また購入者の方も自分本意なキャンセルがないようにしましょう。

52 55