マクアケ。 好調なMakuake(マクアケ)のビジネスモデルと今後について考察

」(経済ジャーナリスト) マクアケでは、地方自治体向けのふるさと納税型クラウドファンディングの「Makuakeガバメント」の運営も手掛けている。

それでは「クラウドファンディング【マクアケ】とは?悪評が多い?購入する際の注意点とは?」についてお伝えしておきます。

経営は危機的状態に陥った。

その際、すでに存在する一般的な商品と差別化できる点が少ないとユーザーの目に魅力的に映らず、売り上げがやや苦戦する傾向があります。

『Makuake』サービスは、プロジェクト実行者が予め設定した支援額に応じたリターンを目的としてプロジェクト支援者が支援を行う仕組みで、新製品・新サービスにかかる予約購入サービスの側面を有している。

実際に買う人がいることが発売前に証明でき、その実績があるので流通展開もしやすくなるんですね」 新卒時代からインターネット産業に身を置いてきた中山さんには、この観点はなかった。

そんな会社がこれまで存在したのか、寡聞にして知らない。

決済総額とは、『Makuake』サイトにおける決済金額の総額のことを指す。

ただ、新規開拓などに人件費は掛かり、運転資金は目減りしていく。

視点が、変わった瞬間だった。

「あの時の成功がなかったら会社は設立できていませんでした」(鳴海さん) 大ヒットした電動バイクはその後、全国の量販店などで販売を開始。

しかしMakuake(マクアケ)は、発案者の考えていることを分かりやすく画像で表現しています。

その孤独感は大きかったです」 社員にも明かしていなかった、マクアケの苦闘。

39 20