漫画 バンク 東京 喰 種。 東京 喰 種 re 漫画全巻

彼女がカナエから襲撃された際には単身乗り込んでこれを阻んだが、彼の逆襲を受け叩きのめされてしまう。

聴覚に優れている。

赫子は右肩甲骨から発現、右腕を螺旋状に覆うように展開し、剣に似た形状に変形する。

東京喰種トーキョーグール [JOKER] 第一部終了後から第二部『:re』開始までの間、二等捜査官の阿原半兵衛を主人公とし、パートナーである上等捜査官の鈴屋什造(スズヤ ジューゾー)との物語が展開する。

赫者としての圧倒的な力で捜査官たちを倒していくが、ジューゾーや特等捜査官らの連携攻撃を受け次第に疲弊。

周囲から「 クロックムッシュ」と呼ばれており、派手なスーツが特徴。

66

和修家がひた隠しにしてきた喰種の研究を医学にも応用するために画策してきた、マッドサイエンティスト的な立ち位置の彼が「試作品」として リゼの赫包を移植しカネキを無残な姿にしたのですが、ただ実験してそのままやりっぱなしという訳ではないよう。

愛称は「 カネキ」。

S1班長を務める宇井郡特等の指揮の元、捜査が開始された。

その独特な性格と行動に惹かれる者も多い。

蛇を模したマスクを被っていることからCCGからは「 オロチ」と呼ばれ、単騎で准特等捜査官率いるチームを返り討ちにしたことからS〜レートに認定されている。

カネキのことを親族以外では唯一「研」とファーストネームで呼ぶ。

元来の性格は内向的かつ温厚で、幼い頃に亡くした母の影響で自己犠牲を尊ぶ受け身な考え方を持っていたが、アオギリの騒乱による一連の事件を経て、敵対者には容赦しない冷徹かつ攻撃的な一面を持つに至った。

旧多に協力している嘉納の元で再び赫包培養器に囚われており、CCGの新生クインクス「オッガイ」及びの半喰種は、彼女の赫包がベースとなっていた。

42

彼がアキラの元を訪れ、 佐々木 琲世(ササキ ハイセ)と名乗った所で物語は幕を閉じる。

仲間想いな性格であり、ヒナミがコクリアに収監された際もその才能を評価し、彼女を救出せんとするアヤトの意見を支持する考えを示した。

その後はかつてのリゼと同じように赫包の培養器の中に入れられ、喰種捜査官を素体とした半喰種化施術のドナーにされる。

相当数の共喰いを行った結果、半赫者としての覚醒を果たしており、赫子は肥大化し、複数の赫包が発達している。

両者共に潜在的に高いRc値を有していた為、嘉納式Qsの素材としてオカヒラらに赫胞を移植されるも、赫子が実際に使われた描写はない。

56