十 六 夜 意味。 夏目漱石「夢十夜」を読む 第7章

風呂掃除は骨が折れる。

」と言ったそのことばを、「自分は面白いと思った」のはなぜですか。 A.運慶が皆を無視しているのを怒るのではなく、逆にさすがだ、と言ったから。 市民天文台などでは、満月に「観望会」など開いて望遠鏡で月を覗くが、望遠鏡で見るには「最低の月」。 何かの本で、日本は古来「待ちの文化」を持っていたという話を読んだことがあるが、満月以後の月の名前を見ると、「ほんとによく待つなー」と思う。 内発的な意欲とでもいったものを持ち 出してもよいのですが、しかしそんなものがなくても彫るだけなら彫れます。 漱石に「現代日本の開化」という講演録があって、簡単に言えば開化は外国のものを取り入れた、つまり「外から与えられた外発的なもの」であって急速な広がりに人身はついていけない、伝統から文明へ国内の文化思考を一段一段積み上げた内発的なものではないから。
43

> 引用しようと読んでいて気がついたのですが、このシーンで無駄な文章はひとつもありません。

関連: 十七夜(じゅうななや) 17日目ごろの月で、 「立待月(たちまちづき)」ともいい、十六夜よりもさらに遅く月が出てくるので「月が出るのはいまかいまかと立って待つ」という意味があります。

月の出は日没からだいたい1時間40分後なので、あんまり早くから待つと疲れるぞ。

望月より月の出が遅れるのでそれを「月の出をためらう月」と考えたのか。

書き終えて今夜夢の世界に入ったとき、私も誰かと百年後に再会する夢が見られるかもしれません。

文字のほかに、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)が彫られた塔もある。

デートに相手が遅れてきても月を眺めて待つくらいの余裕を持ちましょうね(あるいは、「月を眺めていて遅れた」といったとき許してくれる様な相手を見つけるか・・)。

月の名称、読み方と意味は? 月の名称は、旧暦に基づいているため新月を1日目、満月を15日目としています。

Q.「……やいなや……」で短文を作れ。

月待ち信仰は二十三夜が最も盛んで、「二十三夜塔」「三夜待」「三夜供養」などの文字を刻んだ塔は全国で多く見られます。