記者 ハンドブック。 記者ハンドブックとは?Webライターの必須アイテムを紹介します

プレスリリースだけでなく、一般文書にも対応しています。 絶対必要 パソコン 勉強中:必須 仕事中:必須 これがなくては何もできませんね。 『』 ニュースリリースの用字用語の表記統一として、で共同通信社発行の『記者ハンドブック 新聞用字用語集(以下、記者ハンドブック)』に準じることをお勧めしました。 全然違います。 表記ゆれを直し、読みやすい文章を作る上で参考にしてください。 その一部を羅列しておきますね。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。 私のこのようなスタンスに対して、知り合いの広報関係者からこんな質問を受けました。 目当ての本を所蔵している図書館が見つかったら、実際に出向く前に電話し、取り置きを依頼することをお勧めします。 結局のところ、今回挙げたもののほとんどは「ひらがなに開く」となりました。 適切な表現方法の選定 複数の表現方法がある時の選定基準も、記者ハンドブックに記載されています。 『記者ハンドブック』は確かに参考になるけれど、記事を書くのが職業のプロの記者と違って、われわれ広報マンは書かれていることを覚えきれない。 勉強中から使用したほうが上達が早いし、やる気も持続すると思いますよ。 また、朝日新聞社が採用する通称「朝日ルール」などは有名なもののひとつです。 NTTレゾナントが提供する地図サービス。
12