東北 大震災 震度。 東日本大震災

これは以降の日本の地震被害としては(死者・行方不明者推定10万5000人)に次ぐ 2番目の規模の被害となった 従来低角でチリ型の沈み込み帯に分類されていたや南部は地震前には明確なを形成しているが、本地震の発生した日本海溝では明確な空白域は見られない、あるいはDouble Segmentationと推定される本地震や1964年などでは狭い範囲に超大すべり域が存在するなどの特徴が見られ、超巨大地震にも多様性があることが示された
のなどに流れ着いた漂流物への付着により、それまで現地では確認されていなかった、、などのが漂着し、成長していることが確認されている また、15 mの高台にあった特別養護老人ホーム「慈恵園」も1階が水没して49人が亡くなるなど、850人以上が犠牲となった
4でも正確な規模の把握はできなかった 発生時刻 2011年03月11日 14時46分頃 震源地 最大震度 震度7 位置 緯度 北緯 38. 震度3:全区 津波 10月26日 2時50分 宮城県に津波注意報発表(気象庁) 4時05分 津波注意報解除(気象庁) (10)発生日時 発生日時 平成26年7月12日 4時22分頃 震源地名 福島県沖(北緯37. では県内の主要道の一つであるにある新那珂橋が地震の影響で橋脚10基のうち4基の頭部に亀裂が見つかりうち2か所は沓が破断、上部工も破損しているなどの大きな被害 を受け、撤去されることとなった
1 - 1秒の範囲で最も大きな揺れが見られる地点が多く、それより長い周期では相対的に揺れは小さかった 揺れ始めてから100秒後に最大に達した
また、茨城県ではに架かるの一部が崩落した 0前後に更新し、誘発される可能性があると発表した
また、巨大津波以外にも、地震の揺れや、、の決壊などによって、南岸から東北地方を経てを含む関東南部に至る広大な範囲で被害が発生し、各種が寸断された 航空自衛隊も冠水し、多くの航空機が破損した
日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは後初めてであり 、以降でも、に次ぐ被害規模であった このため、職場などから自宅へ帰宅することが困難となったが首都圏で推計約515万人発生 、そのうち自治体が用意した待機場所で11万人以上 、国などの公的施設も待機場所として開放され、そこでも多数が交通機関復帰まで留まった
防災総合センターは、津波の浸水範囲の居住者数に対する死者、行方不明者数の割合をまとめ、と比較した このうち、本震30分後の15時15分にはが発生し、茨城県当間で震度6強を観測した
「 東日本大震災」 - 『』 、 、 、 、( 、『』 と『』 、『』 、『』(3月19日朝刊から) )、 、 、 、(3月25日から) 、 、 、• 真岡市のが震災の影響でウォータースライダーを支える支柱や配管などが壊れ営業が中止になり、2013年には完全復旧した (福島県・)• 国のであったは被災後、修復費用が膨大になったことから取り壊された
46 77
3だった東日本大震災の前震のときとよく似ています 揺れが長時間続いたこと の地震動は東日本全域で6分間以上継続し、長い揺れとして体感された
なお、気象庁は、地震 現象の名称と地震 災害の名称との違いに注意を喚起している 通常は地震発生15分後に算出されるがこの地震では算出できず、津波警報の続報に生かせなかった
この他に、やでも甚大な被害を受けた また、ターミナルビルのほか、空港設備・作業車両なども大きな被害を受けた
水平方向の変位量が大きく、東北地方の太平洋沖地域に特徴的なタイプのである 4mの津波を観測した
15日午後には南東からの風に乗り、北西方面へと流れた では、3階建てのの屋上まで水没するなど町職員42人が、5階建てのも4階天井付近まで水没し、入院患者107人中72人と職員3人が死亡
用意しておきたい防災グッズは、懐中電灯、スリッパ、運動靴、ヘルメット、帽子、軍手、助けを呼ぶ笛、携帯電話などです さらに15日夜にはが発生した
福島県沿岸は、仙台市以南から千葉県まで続く遠浅で単調な海岸線であり、過去に津波の伝承すら皆無だったために、住民の意識が低い中で津波に襲われた 県庁舎では、南棟、東棟に廊下のひび割れや床の一部破損などが生じたほか、西棟立体駐車場でも車両の入庫ができない程度の破損が生じた
予想される死者・行方不明者の数は何と約32万3000人を数える でもを中心に1,906戸 、(ふさ)東部地区 では119棟の家屋が全壊扱いとなり、2012年1月時点での倒壊恐れのある約50棟に解体を要請したが、修理して住み続ける人もいる
3 m(15時39分)だった 計画停電で信号機が停止した厚木市内の県道交差点で、オートバイとワゴン車が衝突するなど、この死亡事故を含め、計画停電で信号機が止まった影響による事故は37件(人身12件、物損25件)となった
警戒区域外でも、漏れによる汚染が起きているほか、の再稼働問題、なども発生した これらの地震は内陸のにおける地震であり、気象庁は3月12日に「太平洋沖での地震と直接関係はないが、地殻変動などにより誘発された可能性は否定できない」と述べ 、今後も震度6弱の余震が連続して起こる可能性があると注意を呼びかけた