頂戴 する。 「受け取る」「もらう」の正しい敬語表現【謙譲語・尊敬語】

したがって、自分がする質問を「ご質問」とするのは間違っていると主張されることが多くありますが、実際には正しい敬語表現にあたります。

<例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」. 「質疑」は、「質疑応答」といった表現で使用されることが多いです。

・謙譲語 ・尊敬語 ・丁寧語 「頂戴いたします」は、「もらう」と「する」それぞれの謙譲語が重なった表現です。

「回答」の意味は「質問・要求などに対して答えること」です。

「頂」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「いただき」と読みます。

また、お店のレジでお金を受け取る際も、「頂戴する」ではなく「預かる」が適していると考えられます。

「頂戴」は漢字を使うべきか?平仮名を使うべきか? 「頂戴」か「ちょうだい」を漢字とひらがなで使い分けることは必要なのでしょうか? 結論としては「頂戴」は漢字でもひらがなでも問題ありません。

56
」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 「ちょうだい」と書いても、「頂戴」と書いても意味は同じです。 たとえば、相手に対して「パスタを頂戴して下さい」「食事をいただかないのですか?」という表現は誤りとなります。 「預かる」は、受け取ったお金が一時的に保管されることを意味するからです。 ・恐れ入りますが、先日の案件に関するご意見を頂戴できますでしょうか。 「頂戴する」を仕事や日常で上手に使いこなそう 「頂戴する」は、仕事でも日常でも使える敬語の1つです。 天皇陛下へは最高敬語が用いられます。
64 88