軍艦 朝鮮 ハワイ。 「軍艦、朝鮮、ハワイ」のかけ声で遊ぶ 「軍艦じゃんけん」に突如注目が集まる: J

このルールを使った「 」と呼ばれるものもある。
社会が、教育も含めてしっかりと歴史と向き合っていくこと、重要だと改めて感じました 勝つと「一本取って」と言いながら「子」の繋いでいる方の手の甲を叩き(勝つと続行し、あいこで叩くルールもある)、負けると親子が逆転する
3回目の手で親と子が同じ手を出すと、親の勝利でゲーム終了(点数先取制の場合、親が1得点) 同じ文化としてみないことです
聞いたこともありません(東京出身)」と全く知らないという人もいる 改めて聞くと、学校で近現代史はほとんど教えられなかったので、自身で勉強したとのことです
私の子ども達も遊んでいましたが、意味を説明してやめさせました どちらかが痛くなって降参するまで続ける方法もある
「ちーけたほい」• 親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代 子供たちはグーを「軍艦」、チョキを「朝鮮」、パーを「ハワイ」として、大きな声でゲームに興じていたらしい
9
二人で向かい合い、互いにじゃんけんをしない方の手を繋ぐ。 かけ声の例1:「せーんーそ! 勝敗のつけ方はいろいろあるが、以下は3点先取制として上記 例3を応用して遊んだ場合。 まぁでも言っている言葉の意味くらいは知っておいた方がいいかもしれませんが…. 捏造歴史観による反日で無ければ暮らしにくい社会と、歴史の真実を知る生き字引、金を得ようとするだけの嘘つき、反日を徹底させる政府や従北者など、日本とは全然違います。 遊びの知名度やかけ声は年代や地域によって変わるというわけではないようで、学校単位で異なるのかもしれない。 日本人の子供が韓国の空港で「軍艦、朝鮮、ハワイ」とのかけ声で遊ぶところを見かけた参議院議員の松田公太氏が、自身のブログで取り上げたことがきっかけだ。 遊び方 [編集 ] 以下は代表的な遊び方のバリエーションの一つである。 二人で遊ぶ。 )というものもある。 なお、かけ声の内容から察するに戦時中に始まった遊びとみられるが、詳細は明らかになっていないようだ。
26