配信 技研。 配信技研、2020年10月のゲームカテゴリーライブ配信視聴ランキングを発表 1位の兎田ぺこらをはじめVTuber12人がランクイン

おはようございます。

データの基準などは是非記事をご覧ください 上位20位は以下の通り
上位20位は以下の通り Dead by Daylight• 対象チャンネルが多くなるため、20位以内にランクインした回数が1年間で11回以上のチャンネルについてのみ対象
「変化」の項目は、2020年にどうなったかを記載しています kuzuha channel• YouTubeやTwitch、OPENREC. ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D• 更に、ここにランクインしていても3月で1を割っている配信者もいる
5万人で安定している事務所所属のVtuberが多く、そのくらいその事務所だから見るという層(いわゆる箱推し)が多いのかもしれない korone ch. 今回1位となった兎田ぺこらさんは、となる
上位20タイトルは以下の通り spygea• リーグ・オブ・レジェンド• miko ch. IdentityV 第五人格• 兄者弟者• pekora ch. Dead by Daylight• 荒野行動• 「Apex Legends」は、配信技研による同ランキングの集計・発表が開始した2020年5月以来、常にトップを維持してきた
全国的にもなんだかコロナに慣れてしまった影響で配信者全体にとってのバブルが終わりを迎えているようにも見える ポケットモンスター ソード・シールド• リーグ・オブ・レジェンド• 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL• )また、ランクインしなかった月については全て0で集計した
85
PUBG Mobile• フォートナイト• spygea• もしくはPUBG 同社のリアルタイム分析ツール「」を利用し、YouTubeやTwitchなどの各種プラットフォームで日本語で実施している7万5000以上の配信を集計した市場調査になる
Among Us• 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL• tvなどを対象に同社のデータ解析ツール「」で自社調査したもの 同社の最新FPSタイトル『VALORANT』は2020年6月にリリースされ、わずか半年の集計ながら「Tier 1」入りしています
渋谷ハル• 龍が如く0 誓いの場所• 配信技研は1日、日本のゲームカテゴリーにおけるライブ配信視聴で上位20チャンネルを算出した2021年4月版ランキングを発表した 10月は、のほか、「MOTHER2 ギーグの逆襲」などを重点的に配信
モンスターストライク• 兄者弟者• 雀魂 -じゃんたま-• kuzuha channel• Shadowverse• 今後日本政府の緊急事態宣言が解除された後もストリーマーは継続して活動する可能性が高く、現在の活動が今後のトレンドの布石となりそうです 団子の部分を拡大すると以下
モンスターハンターライズ• 2人は所属している事務所が異なるので共に事務所内のゲーム配信者としては貴重な存在だろう kuzuha channel• raderaderader• 配信技研と言えば、国内のゲームライブ配信時間を集計・分析している会社
戌神ころね• VALORANT• ApexLegendsの記述もありますので一部抜粋しておきます 対象は2020年4月~2021年3月
上位20位は以下の通り あとは、eスポーツの定義について触れられていますが、判断することができないんですよね
しかもそれが加藤純一 jun channel と兄者弟者という大ベテラン勢であることから、配信者の世代交代が起こっているのかもしれない ここ数ヵ月、平均同接数は2万人前後だったが今月は2万8592人と大きく伸ばし、累計試聴時間も1億2854時間から1億8270時間に増えている
14
ライブ配信のプロデュースもされてるんですね いづれにせよ競技シーンの盛り上がりが今後のApexの課題ですね
特に11月頃からの伸びが顕著であることからCRカップの影響か ストリートファイターV• 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL• IdentityV 第五人格• イブラヒム【にじさんじ】• tvなどを対象に同社のデータ解析ツール「」で自社調査したもの
Shadowverse• Among Us• この場合、元を含めたDTNの3人がワンツースリーフィニッシュを決めている 3月時点ではVtuberでは兎田ぺこらと葛葉が群を抜いている
そのほか、3月統計の初登場にて発売後1週間足らずの集計にもかかわらず3位を記録した 「モンスターハンターライズ」は、前回に比べ総視聴時間を約2倍へ伸ばし2位にランクイン 上位20タイトルは以下の通り
今の配信スタイルが今後のトレンドに影響を及ぼすと予想 国内で配信が視聴された時間を表すグラフ 配信技研は2月の日本では例年視聴数が落ちることについて言及した上で、2020年は2月以降も水準が下がっておらず、また2月28日と3月24日を起点に2段階での上昇が見られると述べた ちなみにのは6月7日で、6月は配信を控えると言ってたが250時間配信しており、結局この中で最長の配信時間を記録している
30