那須 ファーム ビレッジ。 紗栄子さん運営の牧場に「始まりのベル」 住民が寄贈、名前を募集 大田原|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

運が良い人は写真も撮れたみたいですよ。

印刷用MAP 交通アクセス 1 (1)東北自動車道 矢板 I. 紗栄子さんは「多くの人に愛される牧場となるような、新たなきっかけをいただきとてもありがたい。

ご支援者様の証として、外乗ご利用の際にお使い頂けるオリジナルの会員カードを発行いたします。

プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。

本来ならば自己資金で安全対策のための設備投資や環境整備をするべきなのでしょうが、あまりにもその費用が大きく、賛同者のご支援なしでは馬を守る事業を進められないとクラウドファンディングを本日から開始させて頂くことになりました。

26

決められた馬場内だけではなく、牧場の雄大さを感じながら馬に乗って牧場をまわり、おいしい空気をめいいっぱい楽しんでいただけます。

トラクターでのんびりと走るなんて、都会では到底できない体験をすることが出来ます。

私がここで目指すのは、殺処分になる馬たちのセカンドライフを築くこと。

馬たちは蹄鉄という靴のようなものを履いているため、地面に落ちた雷を通じて体に電流が流れた場合、大きな命の危険があります。

でもそれには、私たちの力だけじゃ、とても遠く及ばない。

娘が「お馬さーん」と呼ぶと寄ってきたりして、すごく人懐っこいお馬さんたちです。

そこで働く従業員の雇用の問題、19頭の馬の行く末も最悪は殺処分になってしまうという話を聞いて、 いてもたってもいられなくなったのだそうです。

廃棄予定の野菜に含まれる成分から染料を抽出し、優しい色合いに仕上がりました。

18才となった現在でも、120cmくらいは軽々と飛んでしまいます! パワーがありつつも乗りやすい、上級者向けのお馬さん。

SNSでも牧場に行った人の投稿が沢山ありますので一部をご紹介。

自然の温もりを全身で感じることができるこの場所へ、みなさんにも足を運んで頂き、この素晴らしさを体験してほしいです。

コロナ以降まだ那須には行けていないが 落ち着いたら那須ファームビレッジには 行ってみようと思う。

牧場には、19頭の馬がいます。

この牧場には、競技馬への道を目指すも怪我に苦しみ、たった5歳で殺処分の危機にさらされていたところを助けられたドリームという男の子も暮らしています。

理想の暮らしをしている紗栄子さんの新しく立ち上げた牧場を拠点とした事業とはどのようなものなのでしょう。

78