テネット ニール 最後。 ネタバレ解説【テネット】ニールが実は2人いた説についての考察、時間の挟み撃ちなど、ラストのオチまで徹底解説

理由は自らを犠牲にして "主役" を助けるためです。

この色分けで思い浮かぶのが、少年時代ノーラン監督が最も影響を受けた『スター・ウォーズ』シリーズ。

注意:劇中に明確な派閥の名前は出てこない 派は、の起動により逆行世界が成立したときに 祖先達が死んでも現タイムラインの子である自分らは死なないと主張する。

それ以外にもニールは、アルゴリズムや時間逆行にくわしすぎるし「 全作戦は『名もなき男』を時間のはさみうちにすることだった」というセリフからも、未来から来たのは明白です。

ニールは最後死んだの? 最終決戦で地下トンネルの先に格子扉があり、その扉の鍵を開け、主人公の身代わりになる人物がいました。

ですが、キャットが記録を残していたことにより "主役" はキャットを救いプリヤを殺すことが出来たのです。

これにより装置は主人公に回収されました。

そして過去の自分に会わないように海に飛び込みます。

69 88