あげつらう 例文。 「論う」とは?意味や読み方を解説!

訓読みはその漢字にもともとあった読み方ではなく、中国から伝来したのちに、使いやすいように日本語を当てはめた読み方です。

そこで、ここでは俺から「論」が付く聞きなれない熟語をいくつか紹介する。

おそらく漢文を書き下すなどの機会で、「論」の字を「論じる」としたのでは文脈上不適切という状況があったのでしょう。

しかし、これ以上年のことをあげつらうのは止したほうがよいかもしれぬ。

「言葉尻り」とは「言い間違いの部分」のことで、本来捕らえる必要のない部分をわざわざ取り上げるといったニュアンスがあります。

「揚げ足取り」には「相場が上がっていく傾向にある」という意味もある 「揚げ足取り」または「揚げ足」は、経済用語でもあります。

「議論」「討論」「論議」の違い 「議論」と似た意味をもつ熟語に、「討論」や「論議」があります。

「片言隻句をとらえる」の意味は「些細な言葉を取り上げること」です。

また、集まって騒ぎたてる 【例文】観衆が犇めく 第五問 ひとしお (意味)ほかの場合より程度が一段と増すこと。

「露悪的」は、 「必要以上に自分を悪く見せるさま」という意味ですが、一方の 「偽善的」には 「露悪的」とは逆の意味の 「本当よりも自分をもっと良く見せるさま」という意味が含まれています。

7

一方で、「討論」は、意見を戦わせ、決着をつけるという攻撃的なニュアンスが含まれています。

意味を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「揚げ足を取る」の類語 物言い (意味:人の欠点をあれこれと言うこと) 「物言いに注意しながら話す」 クレーム (意味:不平や不満を言うこと) 「あの人はクレームばかり言っている」 ケチをつける (意味:人の欠点を見つけて非難すること) 「彼女はケチをつけてくるから鬱陶しい」 重箱の隅をつつく (意味:物事の取るに足らない部分について悪く言うこと) 「重箱の隅をつつくようなことばかり言う人は苦手だ」 言葉尻を捕らえる (意味:相手のささいなミスについて、非難すること) 「彼は言葉尻を捕らえてあれこれと言う」 片言隻句(へんげんせっく)をとらえる (意味:些細な失敗を大きく捉えて、批判すること) 「片言隻句をとらえるようなことをして楽しいのか」 粗探しをする (意味:他人の欠点を探すこと) 「人の粗探しをする人とは関わらない」 欠点をあげつらう (意味:良くない点や改善が必要な点などを探すこと) 「欠点をあげつらっても良いことなどない」 落ち度を見つける (意味:人の失態や過ちを見つけること) 「彼は相手の落ち度を見つけて馬鹿にしてくる」 因縁をつける (意味:でたらめを言うこと) 「彼女は私にやたらと因縁をつけてくる」. 「議論」の類義語 議論には以下のような類義語があります。

しかし、「論」という字が訓読みで「あげつらう」と読むのは難しいな。

また「物言い」には、「言葉遣い」「言い争い」といった意味もあります。

ひときわ。

54
しかも、その傾向は一時的なものではなく、常態化している可能性もあるのです 「露悪的」とは、 「自分の悪いところをわざとさらけだしているさま」のことを意味しており、 「露悪趣味」や 「露悪家」として表現されることがあります
「なんくせをつける」と読みます 「 卓論」は 優れた議論という意味だ
「片言隻句をとらえる」はほんのちょっとした発言を捉えること 「相手の細かい発言も見逃さない」といった意味での類語に「片言隻句をとらえる」があります 多く副詞的に用いる
しかし、これらの2つの慣用句は全く別の意味を表しています 「ものいい」と読みます
「難癖」とは「非難すべき点、悪い所」という意味があります 「露悪的」には、 「必要以上に、自分が悪ぶった行動をすること」や 「自分の悪いところをさらけ出すこと」という意味があるので、 「露悪趣味な人」という表現で指摘された人は、 「自分がそれほど悪いわけでもないにも関わらず、わざと悪い性格や振る舞いをさらけ出すような表現を好んでいるタイプの人」ということになります
「揚げ足取り」とは 「揚げ足取り」の意味は「相手の言い間違いなどを責めること」 「揚げ足取り」の読み方は「 あげあしとり」です 「議論」は、ある集団で意見を交わし、その中で1つの結論を出すことを意味します
73