コロナ ロキソニン ダメ。 コロナワクチン副作用に対してロキソニンはダメ!

ただしロキソニン内服を連発すると消化器症状を引き起こすので胃薬をくっつけて処方する時が多いです。 主にアセトアミノフェン、NSAIDsの2種類が使用されます。 「 COXには内皮細胞を保護して粘膜を修復させる働きもあります。 プロスタグランジンは「シクロオキシゲナーゼ」(COX) という酵素によってつくられていることから、 NSAIDsはCOXの働きを阻害して効果を発揮する。 コロナにかぎらず、以前から NSAIDsは感染症は使わないほうがいい、 とされているので、使うならアセトアミノフェン のほうが安全だと言われています。 0009)(図4)。 ステロイド剤の、こうした作用機序から考えても、ヒトでの結果や、後述する動物実験の結果は、十分に納得のいくことです。 特に非ステロイド抗炎症剤は使ってはいけない。
59