テーロス 還魂 記 ドラフト。 【リミテッド】テーロス還魂記攻略

色の強さとしては 黒が抜きんでて強く、続いて 白・緑、 赤と青は若干不人気といったところが現状だ ダブルシンボルのカードのため採用をためらったが、カードパワー的に白をタッチする方がよかった
除去 除去は基本的に各色コモンとアンコモンに1枚ずつあり、黒と赤だけ多めに存在する は普段なら見向きもされないカードだが、 タフネス6は一部を除く大抵のクリーチャーをブロック可能なため、たまにサイドボードから投入される
反省点を含みつつも、八十岡が熟考の末にしっかりと練り上げた《》入り「ヤソコン」 1ターンでも早くフィニッシャーを探し当てることのほうが重要だと判断しての採用+確保できる枚数の違いを優先したのかも知れない
《イリーシアの女像樹》や《狩猟の神のお告げ》で多色化も容易 適当につけてたら勝つ
【緑】 1、《セテッサ式訓練》 修正はパワーのみで修正値も最低値ですが 「トランプル」の付与が出来ます 既に盤面に出てしまったカードや、飛行ブロッカーの対策として、 「死者の眠り」と 「魚態形成」は大事なカードです
私がたまたまこのカードを2枚確保出来た時がありましたが、せいぜい4~5勝までしか出来ていなかったところを一気に7連勝出来たので大変おすすめなカードです 脱出や星座、パワー4以上などキーワードは幾つかあるものの、シナジーよりも単純にカードパワーの高いカードが雑に強い環境
タフ1のアタックに合わせて出せればお気軽に1対0交換、そうでなくとも、強く使えるシチュエーションは非常に多く、相手する側としてはケアしきれないはず アリーナ上のイベントカレンダーはこちら. 脱出で出てくるとパワー5と高いこともあり、ロングゲームになった際に強力
「急嵐のトリクス」 シンプルにただ強いカード BO1ランク戦 7-1 黒緑が板
) 脱出とは、指定されたマナ・コストと指定された枚数の自分の墓地のカードを追放することで、墓地からカードを唱えることができるメカニズムです 1-6《》や1-11《》では「青赤」というより多色化なども想定しているようなピックと言えそうだ
40

スペルは《執拗な探求》>《葬儀》>《狩猟の神のお告げ》。

星座 《太陽の恵みの執政官》か《セテッサの勇者》をピックしたときに組む。

あとは個人的にすごく好きなのがオーラ除去からのイージーウィンがある《憎しみの幻霊》と同型でアド差がぶっ壊れる《死より選ばれしティマレット》 まぁ~黒のアンコモンは大体強いです。

案外強そう。

その強くしたクリーチャーを「有刺」が場に出ているとき「瞬速」でカードを出し、タップして相手の動きを抑制することができるのです。

・有刺カサゴ-U-5 肉体部分は弱いが、エンチャシナジー、能力を鑑みればギリギリ合格点。

もちろん3手目でこの「ボム」が入手が出来たのは、運以上に、八十岡が最序盤から青を中心にピックを続けてきた成果である。

とはいえ、ドラフト経験がある方ならご存知でしょうが、必ずしも同卓のプレイヤーに色を強制させることはできませんし、赤と白を選ぶプレイヤーがどれだけいるのかもわかりません。

赤:サクリシナジー使いたい、ピック指針が少し難しい• 「鬱陶しいカモメ」は前述したカウンターを構えながらプレイできるこのデッキのキーカード。

そのため、墓地を肥やす手段は積極的な攻撃とし、「脱出」は軽量の小型クリーチャーを大量展開して手札がなくなった後も戦えるツールとして使うのです。

38
1-1のカードと心中する、というのはドラフトではあまり良い考え方ではないとされています。 ただし上述したように地上は膠着しやすく 飛行が鍵になる事が多いため、 サイドボード込みで飛行対策は頭に入れるようにしたい。 その他のカード 「鍛冶で鍛えられしアナックス」 一見パワー4以上のシナジーがあるが、出てきたトークンが殴れずブロックできずで仕事がないことが多い。 《太陽冠のヘリオッド》:絆魂とサイズアップでライフレースぶち壊し• 「テーロス還魂記」では特に一部のボムに抜けて強いものがあり 「夢さらい」「キオーラ、海神を打ち倒す」 の2枚は一旦着地すると返すのがほぼ不可能であり、劣勢の盤面でも (ここが凄く重要)おかまいなしに逆転する文字通り 「出れば勝ち」のカードです。 カード1枚分の働きさえ出来ればルーター能力自体は強いので、相手のデッキに3マナタフ2が多く出てきた場合にはサイドインするのも手。 相手を強化する友情コンボ専用呪文になりかねない。 墓地から唱えているので、打ち消し呪文の対象になることも覚えておきましょう。 「黒の優良カード」 黒には強いカードが多いのですが、優秀なカードはAIの評価が高く3~4手目以降には流れて来ないことが殆ど。 《フィーリーズ団の喧嘩屋》:高スタッツの格闘除去内蔵• この2枚はタッチしてでも使うべきカード。
1