ヒカル 動画。 YouTuberヒカル、「薬機法違反」「ステマ」疑惑動画を密かに削除→しれっと活動再開

そして8月、なんの告知もなく保有するVAをすべて売却して高値で売り抜け、ほかのVA保有者が軒並み大損害を被ったのだ。 はじめしゃちょーの微笑ましいエピソードに、同じ事務所のヒカキンも驚いているかもしれない。 ヒカルは昨年、10年来の憧れであるマセラティの「マセラティ グラントゥーリズモ」を新車で購入した。 しかし、いくら無編集とはいえ、1日に複数本の動画を毎日アップし続けるのは並大抵のモチベーションでは行えないだろう。 9月4日、VALUに関する一連の騒動の責任を取り、株式会社VAZ執行役員の辞任、無期限活動休止などを発表した。 また以前から「ヤラセもする」と断言していたヒカルだが、その上で「危ないかなって思うようなやつはもしかしたらヤラセになっちゃうかも」と説明もしている。 検証の結果、美女から声を掛けられLINEを聞き、さらには焼き肉を食べに行くことに成功した。 この度のラファエルの動画をきっかけに、「親交のあるYouTuberにレンタルする」という方向性にシフトしていくかもしれない。
11

せっかく最近は評価が高まっていただけに、今回のヤラセは自身の名声を落としかねない愚行といえるかもしれません」(芸能記者) 猛批判を受けてヒカルはTwitterに、「ファンの厳しいけど熱い声がダイレクトに届いて 考えを改めたいと思った」と反省の言葉を綴った。

そんな声を受けてヒカルは8日、『【話します】やらせ疑惑とSNS削除について』と題する動画を上げ、先の動画がヤラセであることを認めた。

それを全部この店に変えただけですごい宣伝じゃないですか」と、早速プロモーション展開の絵図を描きはじめ、宮迫は「ちょっと思ってたんと違うな……」とあっけにとられた。

僕が特別扱いするのは億からなんで」と言い放ち、その後、YouTubeの撮影スタッフとともに「ぷよぷよ」をプレイしていた。

必要書類の準備をしていなかったためいったんは引き下がったものの、諦めきれずヒカル宅へ。

41
のと共に「」を結成し、からメジャーデビューを果たした。 それだけに、問題があった際には誠意ある態度で情報を発信する責任も伴うのではないだろうか。 ヒカル 告発で発覚のヤラセを認める「俺ヤラセもします」 出典: 闇を暴く系の動画で人気が出たヒカル。 企画はやらせかもしれないが、黄金に輝く同車がその中心にあるだけで、画力(えぢから)があって見栄えする。 だが、動画の公開直後から、一部の視聴者からヤラセではないかとの指摘が出た。 音楽活動も盛んに行っており、過去には小嶌宣輝()と「」というを結成して活動していた(2020年に解散)。 このように、自動車の運転がさほど好きではないヒカルのこと。
25