トランスフォーマー ユニクロン。 ユニクロンレビュー 変形編 大きいクラファントランスフォーマー|秋葉原ベースキャンプ

数百万年前、自らの細胞を マイクロンとして分離させ、災いを生む力として暗躍させる計画だった。

オプティマスがオールスパーク捜索から帰還するとオプティマスと交戦、彼の持っていたオールスパークのケージを奪い取るが、既にオールスパークはオプティマスが体内に取り込んでおり、自身の魂はメガトロンの身体から引き剥がされ、そしてそのケージ内部に閉じ込められる形で再び封印された。

91

ユニクロン三部作 『』と続編『』では物語の鍵を握る存在として登場。

『トランスフォーマー プライム』での活躍 [ ] 声は、原語版は。

この状態で肩を回転させると赤丸で囲ったパネルに負担がかかり破損する恐れがあると思われるので、上手く腕を逃がしつつパネルを畳んでから肩を回転させた方がいいかと。

無論、ユニクロンを倒そうものなら同様に滅んでしまうので、如何にかして再び眠りに付いて貰うしか無いのである。

概要 [ ] 主に『』『』『』の三作品に登場する小型トランスフォーマーの総称である。

下部パネルも開いて… 2つに割ります。