危ない デカ。 暴力団とずぶずぶの「危ないデカ」が続々と現場復帰|NEWSポストセブン

関根義一(クレープ屋の元タクシー運転手・元港南大ボート部) -• 当時最新モデルだが、スタントにも用いられ雑に扱われている印象が強い。 塗装により色は変更。 終盤の港中央銀行の駐車場では、RX-7、そしてY31グランツーリスモと共に駐車車輌として止まっている。 第1巻のみ790円、第2巻以降1590円。 強面でかなりの熱血漢。 森山リサ(3年前殺人未遂を起こして少年院に入っていた) -• 鷹山 敏樹(たかやま としき ) 横浜港警察署捜査課所属。 その他 [ ] 日産• 銀星会組員がアイスクリームの配送車を装った覚醒剤の運搬中、武装した二人組に襲われる。 セダン(シルバー) 第1話「暴走」で登場。 冒頭では、中華街にて脱獄囚の島田を乗せて逃走。
衣笠は飛び蹴り(第40話「温情」)、走行する自動車から犯人にの道路に突き落とされる(第42話「恐怖」)など、舘・柴田・仲村に次いでやアクションシーンが多く、出演者で衣笠のみ自分のシーンをを使わず、全て自ら行っている。 無線交信の際、鷹山がいつもの癖で「こちら港…」と間違える。 鷹山がバイクで追いかけ、残土満載の荷台に乗り込むも、ダンプアップされて土砂と共に路上に落とされる。 VG20DET型のDOHCエンジンが特に高評価。 仙台ロケ [ ] この第47話「報復」と第49話「乱調」の仙台ロケでの車輌提供は仙台日産モーター(当時) であった。 パワー不足故か、サイドターンの失敗が見られる。 警邏課の井沢と竹田が使用。 フォードマスタング コンバーチブル(赤)「横浜33せ15-04」 松村課長の愛車として登場。
6
橋本(東和銀行を襲う強盗) -• また、車の運転では仲村が運転席で、柴田が助手席といったパターンも多い。 どの警察も自分たちの管轄で遅れをとれば不名誉になる。 『まだまだ』では少年課に転属し刑事になる。 810型セダン後期型1800SSS(ダークレッド)「横浜53の54-76」 第2話「救出」の銀行強盗犯が使用した車輌。 話数 放送日 サブタイトル メインゲスト 脚本 監督 視聴率 第1話 2004年7月 07日 能登和倉温泉に甦る親子愛…疑惑の再会 石原武龍 吉川一義 10. パンクの場面では純正アルミホイールから銀色のスチールホイールにすり替わる。 4:3• 舘さんは20代でバイクチーム「クールス」を結成し、その後バンドデビュー。 同年秋からスタートのテレビシリーズ第2作『 もっとあぶない刑事』放送に先駆ける形での公開であった。 野上良江(須藤の仲間) -• - (2003年12月5日アーカイブ分)• (黒)「横浜33な94-51」 第14話「死闘」で登場。
94