モバマス ss びより。 【モバマスss】青より蒼い群青【かこほた】 : あやめ速報

それは、目の前で語られる厳然たる事実。

好きな人のことは、好きって言わなきゃダメだよ 」 藍子「未央ちゃんには、好きな人がちゃんといますよね?」 藍子「なら、その気持ちを偽っちゃダメ
藍子「それはきっと……」 とても素敵なことなんじゃないかしら 」 未央「え、えと、あーちゃん……えっと、えっと、なんで私がプロデューサーのことをって……?」 藍子「それは見ればわかります」 未央「みればわかる!?」 藍子「ええ
耳元で囁かれた言葉が、私の脳内に感情を走らせる 」 未央「は、はい
そう呟いたのは監督さんだけだったけど、その場にいた人はみんな、同じ感想を持っただろう 憧れの人と肩を並べてお仕事ができるなんて、夢のようだった
今、私、ちょっと未央ちゃんの先輩みたい 聞いてくれないんだよー
65
私が迷惑をかけていたわけじゃないんだ。 」 「は、はい……でも、私一人のために皆さんにご迷惑をおかけしていて……これで最後なのに、ちゃんとできていなくて、その……」 「う~ん……あっ、じゃあ、そうですね、ちょっと待っててください。 それが誰であっても、好きになった気持ちを偽っちゃダメだと思う。 ありがたいことに、今回のドラマにダブル主演という形で、私と茄子さんが抜擢された。 茄子さんと同時主演だということで、絶対に迷惑をかけたくないと思ったし、いや、それ以上に、憧れの存在である茄子さんと一緒にお仕事ができることに喜びを感じていた。 「ほたるちゃん」 一枚写真の確認中。 ドラマの内容もそうだし、キャスティングもそうだ。 もちろん、夏にしては、だけど。 心情の美しさ。 周りの友人たちとは違う、恋愛嗜好。
98

自分の撮影が終わって、私の撮影を見学している茄子さんはメロン味。

ここまでがCMで使うシーンで、撮影は全部終わった。

そして何よりも、アイドルとしての輝きの差。

いつもプロデューサーさんが来ると、プロデューサーさんの方をすごく綺麗な瞳(め)で見つめるから……」 未央「は、恥ずかしすぎるうううううぅぅぅぅ……!!」 藍子「だからね、未央ちゃん。

未央ちゃん、みんなから人気あるもんね。

藍子「だからね、好きな人のことを隠す必要なんてないと思うの。

と言っても、かき氷シロップで違うのは色だけで、本当は味は変わらないなんて噂もあるみたいだけど。

17