捨て られ た 皇 妃 外伝。 捨てられた皇妃

アリスティアより3つ年上。
最後の最後で父の愛を知るまでは、ルブリスを憎んだことなどなかったのだと言う これは当初の予定どおり
111』、キルタイムコミュニケーション、2020年6月29日、 931-932頁 悪夢をみて耐えきれずに手を伸ばした時、父は優しく包み込んでくれたとアリスティア
といった話が流れています プレスリリース , , 2019年2月5日 , 2020年4月2日閲覧
私のために用意してくれたの?と思いながら、目を向けた先には優しく見守ってくれるルブリスの微笑み 本人は、自分自身で理由をこじつけることで、納得しているようでしたが
今まで一度も陛下の決定に逆らったことがないから、今回もうまく丸め込めると安易に考えていたのでしょうか 翌朝、目が覚めたアリスティアはなぜかルブリスのベッドに! ルブリスは朝まで他の貴族と一緒だったと聞き、おかしな噂が流れることはないと思うけれど・・・
アリスティアがお告げを受けた後、陛下の前で皇后にはなりたくないと宣言した時に、約束したこと 帝国唯一の皇女であり、皇帝ミルカンの妹
53 86