マイケル ケイン。 全50作品。マイケル・ケインが出演した映画ランキング

キニアーの組織は彼を町から追い出そうするが、カーターはキニアーの手下を痛めつけ、ブランビー ブライアン・モズレー なる男が、兄の死に関わっていることを白状させる。 当時の姿を見ると、 あらためて身長の高さにビックリ! 共演者が見上げてしまうほどの高さゆえに、撮影現場では使いにくかったのかもと想像してしまいます。 その後も、1965年の33歳では『国際諜報局』で、クールでシニカルなスパイを演じました。 イギリスの俳優、マイケル・ケイン。 ですが、ここでの暮らしがひどいものでした。 下士官であってさほど高い階級ではない。 html 本名を芸名であるマイケル・ケインに改名した?! プロフィールの章で本名はマイケル・ケインであることはお伝えしましたが、2016年までは違う名前が本名でした。 35em 1em;position:relative;border-radius:0;text-shadow:none;box-shadow:none;color:black;background: eee;border:1px solid ccc;margin:. それだけにシリアスなシークエンスでのパーマーのリアルな硬派ぶりが際立ち、ありきたりのヒーローとは異なった個性ある主人公像を作り出すことに成功している。 ほどなく軍人のウォリーは戦地へ召集され、残されたホーマーとキャンディは次第にお互いに惹かれていく。
アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか7部門にノミネート、助演男優賞(マイケル・ケイン)と脚色賞(ジョン・アービング)を受賞した 撮影は「キャラクター 孤独な人の肖像」のロジェール・ストッファーズ
ストーリー [ ] イギリス陸軍軍曹 ハリー・パーマーは駐留中、軍の物資横流し行為を働いていた厄介者 そんなマイケルは、ショーンが若い俳優のための役ばかり欲しがっていると思っているようだ
『ダークナイト』、『バットマン ビギンズ』、『アルフィー』、『狙撃者』など、さまざまな映画に出演する実力派俳優です 時代背景 [ ] 1960年代末から1970年代初頭にかけて、イギリスにおいては、に代表されるの台頭や、銀行強盗の多発など、暴力的組織犯罪が社会問題になった時代であった
原作 [ ] 原作となったテッド・ルイスの犯罪小説"Jack's Return Home" 1968 は、「殺しのフーガ」 1973 というタイトルで翻訳出版されたが、後に映画に合わせ「ゲット・カーター」 2007 というタイトルで新たに翻訳出版された 劇中でハリー・パーマーの顔の一部と言えるほどの存在感を示したセルの黒縁眼鏡フレームは、イギリスの老舗オリバー・ゴールドスミスの「コンサル」で、パーマーゆかりのモデルとなり、後年復刻モデルが作られるほどの定番製品となっている
身辺の危機を悟ったパーマーは身を隠そうとするが敵手に落ち、過酷な洗脳措置にかけられることになる 兄を謀殺したのはキニアーであるとブランビーに知らされるが、自分を勢力争いに利用しようとするブランビーの魂胆を見抜き、グレンダと共にその場を去る
「TENET テネット」で彼は自身のシーンの脚本のみを渡され、完成するまで映画の全貌を知らなかったが構わず出演したそう 【国籍】イギリス• どことなくのような雰囲気も感じます
67