恐悦 至極 に 存じ ます。 「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

非常には「普通の程度ではない超えている状態」「思っている以上」「平凡ではない状態」という意味で使う言葉です 「ご迷惑をおかけしまして恐縮至極にございます」「恐縮至極でございますが、何卒よろしくお願いいたします」などと用います
ビジネスシーンなどにおいて相手に失礼のないように、言葉の意味や使い方をしっかり理解しておきましょう 実際に使う場合、ビジネスシーンで使うことから、敬語での表現をすることになります
問題ないかと存じます• 」と言われるよりも、素直に「ありがとうございます 「extremely」は「極めて」、「delighted」は「大いに喜ぶ」という意味です
至極の使い方「至極光栄」を使った例文• 「恐悦至極」は謝意を相手に伝えるときに使う 例文で紹介したように、「恐悦至極」は他人の好意などに対してかしこまって謝意を伝えるときに用いる言葉であり、自分に対しては用いません この熟語を構成している漢字の至という字は「この上ない」という意味を持っており、極という字は「これ以上ない」という意味をもっています
至極も、平均以上のことを表わし他よりも上の意味がある言葉です わざわざお礼にきてもらうほどのものでもない
これらの具体的な例については、後ほどご紹介します この「恐縮」という言葉は、現代に限った使い方ではなく、日本古来より使われてきた言葉です
76 49