カフェ ファラオ。 カフェファラオ

重賞初勝利を飾った またコロナウイルスの影響で9月に延期されたケンタッキーダービーへの出走については、「この状況なので難しい
引退すると息子が同じ事をされてしまうのではと恐れるのが. 師は「賞金不足で前哨戦を使うことも想定した スッと抜け出しかけたが決して無理することはなく、そのまま3頭が馬体を並べて併入した
万全の態勢を整え一気の世代交代、王位奪取をもくろむ ダート界は古馬の層が厚く、賞金加算が容易でないことの証明だ
昨年のチャンピオンズカップを制したは海外へ遠征し 、クリソベリルは故障 、の引退 など確固たる実績馬不在の中で1番人気に推されると、レースでは道中5番手を追走 前哨戦で強い内容を見せながら、大一番では結果を出せなかった
近走の行きっぷりが悪い面を矯正するため、今回はチークピーシーズを初装着 6 0 55 () 506 ダ1600m(良) 14 3 3 002. 好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー
直線で猛追した9番人気エアスピネルが2着 しかし、フェブラリーSは前に行くと思ったインティが控え、スタート後にインのポケットへスッと収まれたことで、無理なく先行できたという背景もある

この年は健闘している部類だが、2018年はノンコノユメが4着、2016年はモーニンが8着と、フェブラリーS覇者のかしわ記念敗退は目立つ。

ワイドファラオは恵まれた感が強く、異例と言えるケースではあるが、2年連続でフェブラリーSを取りこぼした後、かしわ記念を連覇したゴールドドリームも、早めの競馬で結果を出している。

じわっと外からダノンファラオが2番手につける。

3週連続での3頭併せを敢行し、直線は2頭のパートナーの真ん中で迫力満点の動きを披露した。

また、史上4頭目の関東馬による同レース勝利となった。

62