ネット スピード テスト。 おすすめのスピードテスト・回線速度測定サイトをまとめて紹介

netはワンクリックで簡単に下りと上りの通信速度、PING値を測定できるスピードテストサイトです。 一般的な用途で使うのであれば「WiMAX」、SNSへの写真投稿や動画投稿をよくする人は「ドコモ」を選ぶと快適に使えるでしょう。 通信速度(bps)と一緒に通信できるデータ量(Byte)も一目わかるので、実際にどれくらいのデータ量が通信できるかわかりやすいですね。 63ms マンション:4,180円 戸建て:5,610円 下り:273. 測定できるのは「下り」のみです。 インターネットの速度テスト計測方法 インターネット回線の主流となっている光回線の速度は「下り最大1Gbps」のサービスがほとんどです。 【 nifty光】月額料金を安くしたい人におすすめ 「 nifty光」はNTTフレッツ光回線とプロバイダがセットになっているインターネットサービスです。 測定が終わると「下り速度(DOWNLOAD)」「上り速度(UPLOAD)」「ping値(PING)」のテスト結果が表示されます。
パソコン• 89ms TCOMヒカリ マンション:4,180円 戸建て:5,610円 下り:133. サイトもシンプルなので、使い方に困るような事もありません。 外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 スマホやタブレットで通信速度を使うときに活用するといいでしょう。 たとえば、ほとんどの光回線の最大通信速度は1Gbpsですが、100MbpsのWi-Fiルーターを使っていると最大で100Mbpsまでしか速度がでないのです。 測定クライアントがJavaアプレットの場合、プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。
10