アジルバ 錠 20mg。 アジルバ錠の効果と副作用

また、AT1受容体は抗動脈硬化薬としても注目されている物質です。 利尿降圧剤投与中• よろしくお願いいたします。 息苦しく、顔面、舌、のどがはれる症状がみられた場合には、直ちに医師・薬剤師に連絡してください。 5).消化器:(0. 通常、成人にはアジルサルタンとして20mgを1日1回経口投与する。 これを「dipper」と呼びます。 3.アジルバ錠にはどのような作用があるのか アジルバは具体的にどのような作用を有しているのでしょうか。 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
75

リチウム[リチウム中毒が起こる恐れがあるので、リチウムと併用する場合には、血中のリチウム濃度に注意する 腎尿細管におけるリチウムの再吸収が促進される ]。

1.アジルバ錠の特徴 アジルバ錠というお薬の特徴についてみてみましょう。

医師と相談 高カリウム血症、重い腎機能障害、肝機能障害、脳血管障害、利尿降圧薬の服用、血液透析、高齢者、服用中に妊娠がわかった人などの場合は医師と相談するようにしてください。

つまりARBで比較するとIC50値が低い方がAT1受容体との結合力が強いという事になり、少ない量で効果が出るという事になります。

[妊娠中期及び末期にアンジオテンシンII受容体拮抗剤やアンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与された高血圧症の患者で羊水過少症、胎児・新生児の死亡、新生児の低血圧、腎不全、高カリウム血症、頭蓋の形成不全及び羊水過少症によると推測される四肢の拘縮、頭蓋顔面の変形、肺の低形成等があらわれたとの報告がある。

たとえば、ワーファリンなどがそれに当たりますが、アジルバは作用機序が全く異なるため、グレープフルーツを併用することは全く問題ありません。

ARBは心臓や腎臓を保護してくれる作用が確認されています。

アリスキレンフマル酸塩を併用• 腎機能障害• アジルバ錠の効果!上手に付き合おう! アジルバ錠とは 2012年に武田薬品工業がブロプレス錠の後継薬として発売した降圧薬です。

1歳以上の子供にも使える。

66