セ フジ トレン ピボキシル。 セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

それぞれのおおよその特徴を挙げると• クロルフェニラミン(ポララミン)は第一世代抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみ、咳などの治療に用いられます。

2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ節腫脹、関節痛[症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。

注)マイコプラズマは細胞壁の構造を持たない例外的な細菌であるため、セフジトレンピボキシル(メイアクト)が効きません。

セフジトレン ピボキシルとして1回100mg(力価)を1日3回食後に経口投与する• これによって細菌が死滅していきます。

反対に例えばニューキノロン系の「クラビット」などは用量依存性の抗菌薬ですので、1日1回の投与を行います。

それは「時間依存型」の抗菌薬と「用量依存型」の抗菌薬です。

C07— ORGANIC CHEMISTRY• BLNARやクレブシエラにもある程度効果が期待できることも利点です。

42