コン トレイル サリオス。 JRA大阪杯「なぜ」コントレイル・グランアレグリアは敗れた

だが、恐らく「半分は本気」だったのではないだろうか。

それが馬体に表れるが、古馬になればパフォーマンスの高い舞台を探る作業となる。

2020年9月27日閲覧。

レース後にムーアは「強かった。

雨のレースにも慣れていません。

— ホネさん yosounohone. 2018年9月にのに移動して育成調教を開始。

84
上でも記したように、ここまでの実績を見る限りでは世代トップまでは足りないように思う 前走490kg以上のいわゆる大型馬は【5-7-3-50】(複勝率23. まずは前走皐月賞組が8勝と圧倒的に多い
この年は戦時中だった以来76年ぶりとなる無観客開催で行われた中 、コントレイルは単勝1. スタートが切られるとコントレイルは前へ行きたがる素振りを見せたが、福永がなだめて道中は4番手につける この中間はカイバの量を増やしながらも、19日の計量では534キロ(皐月賞時が536キロ)
出走してきた距離や実績を考えると、コントレイルが1番安心格 また、本馬が曾祖母の父に持つを父に持つ繁殖牝馬とディープインパクトの組み合わせはとして知られ 、この組み合わせで8頭のGI勝ち馬が誕生している
あれなら距離も保つ 2頭のこれからに目が離せない
だが、木村師も語っているが、距離が延びたことで良さが出たのだとすれば、、、 大一番【ダービー】でも面白いかもしれない 立て直しに今回は間に合わなかった感じで、この馬も競馬をしていない

また、同時にに出走したいと表明している。

1という勝ち時計だけを見ると、一気の相手強化が不安材料ではあるが、有力馬が早めに動いてバテ比べの展開になれば、今回も前走の再現が見られるかもしれない。

これについて騎手は「硬いんだろうな、と思って入ってみたらそうじゃない。

なお同名の競走馬が過去にに存在していた。

ダーリントンホール(6着)は、予想編でも触れようかと思ったくらい、調教としてここを使ってきていた印象(そもそも評価を落としたので、文量のこともあってカットしたが)。

堂々とした勝ちっぷりから距離延長も問題なさそうで、東京スポーツ杯2歳S圧勝の府中でさらにパフォーマンスを上げる可能性も…。

調教も今回の中では最上位、パドックも相変わらず抜群、それでこの内容に終わるというのは、気で走るところが悪作用したのが一番か。

幸先が良いなぁ。

前田幸治は「嬉しい。

レース名を検索し、本記事だけではなく、様々な競馬関連のサイト、あるいはスポーツ紙のサイトをチェックされていることでしょう。

23